2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

政治資金調査が日本政府を揺るがす

政治資金調査が日本政府を揺るがす

エディターズ ダイジェストを無料で開く

バンダナを巻いた法学教授でベテランの運動家でもある上脇博氏は、2年間にわたり、日本の与党である自由民主党のために集められた文書化されていない資金の証拠を追跡するために、元旦をオンラインに記録していた。

その努力がついに実を結びました。 上脇氏が起こした20件以上の刑事告訴を契機とした検察の捜査により、岸田文雄首相を失脚させ、日本の戦後政策を形作ってきた強力な政治集団を弱体化させる恐れのある卑劣な金融スキャンダルが暴露された。

東京地検は、2018年から2022年にかけて総額約9億7000万円(660万ドル)の資金を虚偽報告した疑いで、自民党政界3部門の会計責任者を含む10人を起訴した。

神戸学院大学で教鞭をとり、市民団体を率いる上脇氏は「手続きは苦痛で、破産しそうな気分だったが、私が目にした申告漏れの資金は氷山の一角に過ぎなかった」と語った。 インタビューで政治資金を追跡する。 「感じ方は人それぞれかもしれないが、私はまだ終わっていない、ここで終わらせるつもりはないと言いたい。」

上脇氏は、故安倍晋三首相がかつて率いていた自民党の最大派閥の幹部らを起訴しないという検察の決定に異議を唱えるつもりだと述べた。

同氏は今年、裏金を使用したとしてLTP部隊を刑事告発しており、これにより検察が捜査を再開することを期待している。

上脇宏氏は日本の政治資金を監視する市民団体を率いる ©京都ニュース/ゲッティイメージズ

岸田氏は昨年、閣僚4人の解任を余儀なくされており、事件の相次ぎで引き続き圧力がかかっている。 同氏の支持率は12月中旬のGGプレス世論調査の17%から回復したが、依然として30%を下回っている。

このスキャンダルは、誰が党を率いるかを決定する上で中心的存在であり、何十年にもわたって日本の政策決定に多大な影響力を行使してきた自民党内の有力な政治派閥に強い圧力をかけている。

この国の戦後の歴史のほとんどにおいて自民党が政権の座にあり、これは党内で権力争いが行われていることを意味する。 375人の国会議員は6つの派閥に分かれているが、岸田氏が以前率いていた派閥を含む4派閥が解散計画を発表している。

アナリストらは、岸田政権が大胆な政治変革の約束を果たせるかどうかについての国民の根強い懐疑を乗り越えられるかどうかは不透明だと述べた。

首相は火曜日の所信表明演説で、与党に対する国民の信頼を損ねたことを謝罪した。

岸田氏は「LTPは変わる必要がある」と語った。 「私たちの政治改革に終わりはない。」

自民党にとって金銭スキャンダルは新しいことではなく、日本の国会議員は、たとえその金額が比較的少額であっても、政治資金の虚偽報告によって失脚することがよくある。

上脇氏は日本共産党新聞記者の協力を得て、自民党政治家とつながりのある政治団体が募金パーティーを通じて集めた資金と、団体が役人に報告した収入との矛盾を明らかにすることができた。

国会議員は政府からさまざまな助成金や支援を受けていることに加えて、複数の政治団体を通じて資金を集めているため、オンラインで公開される資金調達明細書をまとめるのは複雑な作業です。

日本の岸田文雄首相は火曜日に東京の国立レストランで所信表明演説を行う
日本の岸田文雄首相は火曜日に東京の国立レストランで所信表明演説を行う © 野木和弘/AFP/ゲッティイメージズ

1980 年代後半から 1990 年代前半にかけて政治スキャンダルが蔓延したことを受け、企業から個人の国会議員への寄付が禁止されました。 それを補うために、各派閥は募金パーティーを通じて資金を集めており、チケットは通常20万円で、主に企業向けに販売されている。

今回のスキャンダルは、国会議員が募金券を販売するためのノルマを設定し、そのノルマを超えた議員に集まった資金の一部を返還するという長年の慣行を暴露した。 余ったお金は秘密資金として集められたと言われています。 差額を着服することは違法ではありませんが、支払いを適切に報告しなかった場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

国会議員らは選挙や人件費のために資金集めが必要だと主張しているが、報告されていない資金が私的な利益のために使われたかどうかは不明であり、この問題は不正報告された資金に関する検察の捜査の範囲を超えている。

国会議員を訴追することも困難な場合があります。 今回の捜査で起訴されたのは国会議員3人だけで、検察当局は、政治家が資金の虚偽報告で各省の会計主任と共謀したことを証明するのは難しいと述べた。

岸田氏は人気回復を目指して派閥政治の大幅な転換を約束した。 与党は、党の資金集めを禁止し、財務諸表の外部監査を導入するとともに、国会議員に対する罰則を強化するという当初計画を発表した。

しかし批評家らは、この改革は十分に進んでおらず、岸田氏が計画している自民党の有力派閥の解散計画はすでに他の派閥指導者の反対を受けて揺れており、その結果、メンバーがいわゆる政策グループを維持できる妥協案が得られることになるとしている。

「国民は政治の舞台を見通すことができる」と政治ニュースレター「インサイドライン」編集長の歳川隆夫氏は語る。

国民の不満の強さにより、岸田氏に残された選択肢はほとんどない。 歳川氏によると、首相は自民党総裁としての任期を9月末まで満了して辞任するか、今国会閉会後の6月に解散総選挙を実施する可能性があるという。 自民党の選挙勝利の可能性が大幅に低下すれば、それまでに辞任を余儀なくされる可能性がある。

上脇氏は、企業献金の広範な利用や派閥からの自民党リーダーの選出といった根本的な問題に対処するには、岸田氏が提案した改革が依然として必要であると述べた。

上脇氏は「透明性を高めても裏金はなくなるわけではない」と語った。 「政治を新たに改革しなければならない」

READ  投資家が2021年末までに準備ができているため、アジアの株式は下落している