3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

投資 VS 取引:違いは何?

投資と取引は、先物や国の通貨、会社の株などを売買する点では同じです。

ただし各単語は違った目的で使用されます。

以下では投資と取引の違い、そしてそれぞれどのように売買するとよいのかを説明しましょう。

投資は将来性、取引は数値

投資は、会社や国の成長を見越して売買することです。取引は、取引そのもので利益を得るために売買することです。

よく投資は長期で、取引は短期・中期の売買を指します。ただし長期の取引もあれば、短期の投資もあります。

投資と取引の違い:

<投資>

  • 会社や国などの未来を見据えて売買
  • これから伸びていく会社や国
  • 価値の上下はゆるやかでよい
  • 長いスパンで利益を出す

<取引>

  • 数値の上下を見据えて売買
  • 会社や国は成長していなくてもよい
  • 価値の上下が激しければ可能
  • 主に短期、中期
  • 短期的、中期的に売買を繰り返して利益を出す

投資のやりかた

投資は基本的に株や海外FX、先物、仮想通貨など、将来的に価値が上がることを見越して売買します。

価値は下がらないような安定した力強い通貨を選び、長い期間保有するわけです。

そして今までと違う制度や環境になったときに、価値が上がりつづけるかを時々リサーチします。

会社であれば会計年度や社長の入れ替わりなど、国であれば方針や法律などが関係してくるでしょう。

テクニカル分析も使いますが、ファンダメンタル分析を主に使います。

取引のやりかた

取引は、差額が大きくなることを見越して売買します。

動きが予測しやすく、且つ変動が大きい通貨を選ぶわけです。

テクニカル分析で、過去の数値や事例などを見ながら、売買するタイミングを見極めます。

例えば、過去7日間の平均が過去30日間の平均よりも高いと、今は過去よりも通貨が求められていることがわかります。

仮想通貨は取引のなかでも特に激しく上下するオススメの通貨ですが、ボラティリティが高く、損失のリスクが大きいため、上級者向けです。

どちらを選ぶかは自分次第

あまり時間がなく、売買先を選ぶのにこだわりたい人は、投資が向いています。

一方で、まとまった時間が取れて、売買する作業に魅力を感じる人は取引が向いています。

もしくはどちらも同時進行で売買するのもありです。

ぜひ自分に合った方法で会社や国、先物などを売買してみてください。

READ  マクドナルドのスパッドが不足しているため、日本は「ジャガイモ戦争」の危機に瀕している