5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

投資家が「厄介な」CEO指名を掲げたため、ボーイングのサプライヤーが急落。

投資家が「厄介な」CEO指名を掲げたため、ボーイングのサプライヤーが急落。

(ブルームバーグ): ヘクセル社の株価は、同社が製造品質問題で厳しい監視を受けているライバルのサプライヤーであるスピリット・エアロシステムズ・ホールディングスのトップを最近辞任したCEOを採用したことを受けて、ここ4年で最大の下落となった。

ブルームバーグで最も読まれた記事

トム・ジェンタイル氏が5月1日にヘクセルのCEOに就任し、その後すぐに取締役会に加わる可能性が高いと同社は火曜日遅くに発表した。 現最高経営責任者(CEO)のニック・スタネージ氏は、ボーイングへの主要サプライヤーであるヘクセル社のCEOに、年末に退任するまで就任する。

トラスト・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・チャルモリ氏は、顧客向けノートの中で今回の採用は「厄介な」ものであり、航空業界で「我々がこれまで見てきた中で最も奇妙な動きの一つ」だと述べた。 スピリットには「長年にわたって品質問題があり、現金を生み出すことができず、利益率の拡大を推進することができない」と同氏は述べた。

この任命は、ネイションズが突然御霊から離れてから約6か月後に行われた。 苦境にあるメーカーとボーイングは、複数の航空機モデルに関わる広範な生産品質問題の暴露に動揺している。

続きを読む: 787 が現在精査されており、ボーイングの信頼危機が悪化

ノースコースト・リサーチのアナリスト、クリス・オリン氏は、スピリットでのジェンティーレ氏の最後の数年間が投資家にとって「本当の分岐点になる可能性がある」と述べた。 CEOの発表を受けて、ノースコ​​ーストとバンク・オブ・アメリカはともに株価を引き下げた。

水曜日のニューヨーク市場でヘクセル株は最大14%下落し、2020年3月以来最大の日中下落となった。

(株式取引の最新情報やその他の詳細は随時追加されます)

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  現時点ではUSD/JPYが200日単純移動平均を下回っているため、金価格は主要な抵抗領域に挑戦している。