5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

戦争と記録的な暑さを背景に緊迫した気候サミットが始まる

戦争と記録的な暑さを背景に緊迫した気候サミットが始まる

惑星大惨事に対する悲惨な警告と弱い立場にある人々を保護するための緊急の呼びかけを受けて、世界の指導者らは金曜日、化石燃料の燃焼をやめ、「地球を危険に温暖化させている」温室効果ガスの排出を速やかに制限するよう互いに訴えた。

アラブ首長国連邦のドバイで開催された国連気候会議では、著名人のパレードが信仰、科学、経済学を呼び起こし、石炭、石油、ガスからクリーンエネルギーへの急速な移行を訴えた。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、「化石燃料をホースで供給するだけでは燃えている地球を救うことはできない」と語った。 「私たちは再生可能エネルギーへの公正かつ公平な移行を加速しなければなりません。」

COP28として知られる年次総会は、科学者らが有史以来最も暑い年になると予想している年の終わりに近づいている。 主に化石燃料の燃焼による温室効果ガスの排出により、地球の気温は産業革命以前の水準より約1.2℃上昇した。 気候変動によって悪化した洪水、火災、干ばつ、嵐は、世界中で破壊を引き起こしています。

英国国王チャールズ3世は、「私たちは自然界のバランスと自然の境界を失い、危険な未知の領域に持ち込んでいる」と述べた。 「私たちの今の選択は、より明白であると同時により暗くなっています。私たちは自分たちの世界をどれだけ危険にさらすつもりなのでしょうか?」

しかし、世界のエネルギーシステムの包括的な改革を求める各国首脳は、簡単な解決策のない存亡に関わる問題に直面している。

多くの先進国では風力発電や太陽光発電の導入が進んでいますが、世界的な温室効果ガスの排出量と化石燃料の需要は増加し続けています。 現在の軌道では、地球は少なくとも摂氏3度温暖化する軌道に乗っており、科学者らによると、その水準は世界中で異常気象を引き起こし、沿岸都市を壊滅させる海面上昇につながるだろうという。

ケニアのウィリアム・ルト大統領は、「我が国の経済・産業パターンに大きく抜本的な変化がない限り、世界は3℃温暖化するという悲惨なシナリオに向かって急速に突き進んでいる」と語った。

この問題の解決困難な性質は、今年の会議で明らかになった。 アラブ首長国連邦は世界有数の産油国であり、ドバイは原油輸出による莫大な利益をもとに建設された都市です。 国連気候変動会議(COP28)の議長であるスルタン・アル・ジャベル氏は、UAEの国営石油会社ADNOCのトップでもあり、この取り決めが一部の人々に交渉に幻滅感をもたらしている。

「記録上最も暑い年に世界最大の産油国の一つに世界が団結して石油危機への対応に取り組んだという事実を、将来の世代は不思議に思うだろう」とパワー・シフト・アフリカのディレクター、モハメド・アド氏は語った。環境基盤。 会議に参加している研究機関。 「ここで私たちが真剣な進展を見せなければ、彼らはそれをこの時期の気候変動外交のまったくの愚かさの表れとみなすだろう。」

今年のイベントには目立った欠席がいくつかありました。 バイデン米国大統領も中国の習近平国家主席も出席しなかったが、カマラ・ハリス副大統領が急遽追加され、土曜日に講演する予定だった。 教皇フランシスコは出席するつもりだったが、医師らの助言を受けて土壇場で辞退した。

1週間の停戦を経て戦闘が再開された日、イスラエルとガザの間の戦争を思い出させる言葉が言葉に散りばめられた。 イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス大統領の両氏は木曜日に聴衆に向けて演説する予定だったが、どちらも発言しなかった。

しかし、中東の他の国家元首らは気候変動サミットに参加する時間をパレスチナ人支援に費やした。

ヨルダンのアブドラ2世国王は、「戦争による大規模な破壊により、水不足や食糧不安といった環境の脅威がさらに深刻になっている」と述べ、戦争を気候変動問題と結び付けようとした。

イラクのアブドゥル・ラティフ・ラシド大統領も民間人の保護を呼び掛け、「パレスチナ人の自決権」を支持すると述べた。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、イスラエルによるガザ攻撃を「戦争犯罪」と表現し、「加害者は国際法に基づいて責任を問われなければならない」と述べた。

ヘルツォーク氏はソーシャルメディアで、サミットの傍観者からの写真を共有した。 と会った 世界の指導者、 含む UAE大統領シェイク・モハメッド・ビン・ザイードと 彼らは握手をした カタールの統治者シェイク・タミム・ビン・ハマドと、同国がイスラエルとハマスの停戦交渉を仲介した。

裕福な国と貧しい国の間の意見の相違は一日中明らかでした。 歴史的に地球温暖化を引き起こす排出量の大部分は米国と西ヨーロッパ諸国が担っていますが、気候変動の矢面に立たされているのは発展途上国であり、多くの場合、再生可能エネルギーの開発や災害後の復興のための資金が不足しています。 。

インドのナレンドラ・モディ首相は「過去一世紀にわたり、人類の一部が無差別に自然を搾取してきた」と述べた。 「しかし、全人類、特にグローバル・サウスに住む人々がこの代償を支払っているのです。」

多くの指導者は、異常気象が自国にどのような大混乱をもたらすかを説明した。

ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領は、「ブラジルでは、気候変動による緊急事態がすでに現実となっている」と語った。 「アマゾン地域は前例のない干ばつに見舞われています。川の水位は過去120年で最低となっています。世界最大の淡水貯留層がある場所でこれが起こるとは想像もしていませんでした。」

長年にわたり、先進国は貧しい国の適応を支援するために数千億ドルを支出すると約束してきたが、この資金はなかなか現れていない。

「我々は別のCOPに参加しているが、これらの約束のほとんどがまだ履行されていないことを残念に思う」と東アフリカ沖の群​​島セイシェルのウェイベル・ラムカラワン大統領は述べた。

しかし、一部の先進国には貧困国支援への取り組みを再開する兆しもあった。 木曜日、代表者らは貧しい国々が気候災害に対処するのを支援する基金の設立について予備合意に達した。 首脳らは一日中、発展途上国が気候変動対策への取り組み資金として資金を借りやすくなるような世界金融システムの改革について議論した。

今後11日間で、170カ国以上の交渉担当者が最終合意書を作成し、出席したすべての国が批准する必要がある。 全会一致の承認が必要であるということは、最終文書のすべての単語が精査されることを意味します。 過去数年、産油国の代表は化石燃料の急速な段階的廃止を求める文言に拒否権を発動してきた。

実際、化石燃料に関する最終合意の内容をめぐる争いが金曜日、世界の指導者の間で起きていた。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、石炭、石油、ガスの使用の停止を要求した数少ない西側指導者の一人だ。 同氏は、化石燃料の段階的廃止は先進国にとって「最優先事項」であるべきだと述べた。

化石燃料産業を率直に批判するグテレス氏は、交渉担当者が最終合意に盛り込むことを望む具体的な文言についてコメントし、気候変動の最悪の影響は化石燃料の燃焼をなくすことによってのみ回避できると述べた。 燃料。

「減らさないでください。なくしましょう。」と彼は言いました。

マーク・ランドラー そして ジェニー・グロス レポートに貢献しました。

READ  CPACは親ロシアのツイートを撤回し、一部の米国保守派はプーチンを支持した