6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

成長する日本は競争力のある人材の維持を優先する

成長する日本は競争力のある人材の維持を優先する

カーライル・グループは、GPとLPの市場意欲が同様であることから、人材の維持が重要な焦点であると考えていると同社の上級幹部は述べた。

カーライルは今月初め、カーライル・ジャパン・パートナーズ V に対して 4,300 億円(27 億 4,000 万ドル、25 億 2,000 万ユーロ)を請求したが、これは 2019 年ヴィンテージの前作より円換算で 70% 近く増加した。 アジア太平洋と中東からの新たなLP関係に加えて、ほとんどの既存投資家がファンドに再参加したと日本の共同代表の山田和弘氏は語る。 プライベート・エクイティ・インターナショナル。

資金調達の成功は、とりわけ取引機会の拡大、比較的活発な撤退市場、国内事業主の間でのプライベート・エクイティの受け入れなどによって市場への意欲が高まっていることを反映している。

「競争は激化している」と山田氏は言う。 この地域ですでに設立されている開業医の中には、資金提供レベルを引き上げているところもあります。 そして、新規参入者や最近来た人は、東京でのビジネスを拡大したいと考えていることがよくあります。

来日により、日本人人材の獲得競争はさらに激化しつつある。

「人材の維持が私にとって懸念事項です」と山田氏は言う。 「私たちのプロフェッショナルは、新規プレイヤーと既存プレイヤーの両方にとって目標の一部であると思うので、私はまず才能をいかに維持するかに焦点を当てています。報酬は重要ですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なのは契約経験です。」

山田氏は、カーライルには人材の保持において優位性があると考えている。同社は日本部門を業界別の3つのグループに分割しており、これによりカーライルはより多くの若手従業員に契約経験を提供できると氏は言う。

「私たちの専門家のほとんどは常に経験に飢えており、この経験と表現を得ることが彼らにとって非常に重要です」と彼は指摘します。 「それが現在の専門家を引き留める唯一の方法だ。汎アジアまたは世界的な戦略を持つファンドであれば、彼らは取引を行うかもしれない – おそらく彼らはより高い代償を払うだろう – しかし、それは年に数回の取引ではなく、年に1回の取引になるかもしれない」カーライルの年。

マネージャーの中には市場から人材を調達する人もいます。 東京に本拠を置くアトラス・リクルーティングの創設者、ギャビン・スミス氏は4月にこう語った。 PEI 一般開業医は、校長や院長レベルでの「最大の課題」があると見ている。

「市場はここ5~7年活発化しており、5~15年の経験を持つ候補者の人材プールは少なくなっているが、より多くのプラットフォームがあるため、この人材プールは依然として競争力がある」と同氏は付け加えた。

この問題はLPにも及びます。 10兆円規模の科学技術振興機構のプライベート・エクイティ投資部長、富田泰之氏は「日本のPE市場では経験豊富な人材が退職しつつあるので、もっと採用したいが、非常に厳しいと感じている」と語った。 PEI 2022年に。 「日本にはLP専門家の数が非常に限られています。私には20年近い経験があります。 [private investments]しかし、これは非常にまれです。

通貨に関する考慮事項

カーライルのジャパンパートナーズ V への資金調達は、大幅な円安を受けて行われました。 ファンド IV は 2020 年に 2,580 億円でクローズされ、当時の金額は約 24 億ドルに相当しました。 円ベースで70%上昇したにもかかわらず、同社の資金調達額は米ドルベースで約17%増加した。

最近の財務実績

カーライル・ジャパン・パートナーズⅣ (2019-ヴィンテージ): IRR: 28%; TVPIは1.69倍

カーライル・ジャパン・パートナーズIII (2013-ヴィンテージ): IRR: 18%; TVPI 2.83x

2024 年 3 月 31 日時点のデータ

出典: カーライル・グループ。 購読者は見ることができます PEIこちらが実績データです。

こうした動きは米ドル投資家にとって「非常にポジティブ」だと山田氏は言う。 しかし、同氏は、ファンド V の LP がこれに基づいて行動した可能性は低いと指摘しています。

「私たちの資金調達は10年以上にわたるものなので、『わかった、投資するには良い時期だけど、10年以上待たなければいけない』ということは簡単ではない」と彼は付け加えた。 「根本的な変化がなければ、円安になったり日本が成長したりしているので、彼らは資金を手放すつもりはないと思います。通貨は短期的には追い風だと思いますが、世界の投資家のほとんどは、円安に注目していると思います」長期的には、通貨のためだけに投資しているわけではありません。

むしろ、コーポレートガバナンス改革や東京証券取引所のリニューアルなどの根本的な変化によって、LPの需要が高まっている。

「これは短期的な現象ではありません」と山田氏は言う。 「中期的には、世界の投資家は一般的に日本への配分を増やしたいと考えるだろう。」

これは、2020年第1四半期のファンドIV終了以来の円安(約3分の1下落)が日本を拠点とする投資家に悪影響を及ぼしたことを意味する。 として PEI 2022年に注目されるように、円安はLPが米国ファンドからのキャピタルコールを満たすのがより困難になることを意味する。

競争環境

LPやグローバルまたは地域のマネージャーにとって日本の魅力が高まっていることにより、一部の地域ではバリュエーションに関する懸念が生じている。 山田氏は、この国の拡大する協定がこの脆弱性の一部を軽減するのに役立つことを期待している。

「市場の動向を見ると、競合他社の数に比べて、より多くの取引が入ってくると思います」と彼は言う。 「視聴率を見ると、上昇傾向にありますが、劇的に上昇しているわけではありません。 以前は多くの企業が取引を追いかけていましたが、今ではさらに多くの取引があり、どの取引に時間を費やすかを選択する時期が来ています。

山田氏はまた、2000 年に日本部門を立ち上げた最初のグローバル企業であるカーライルの市場における長年の実績が、カーライルが将来のベンダーに対して目立つのに役立っていると信じています。

「プライベート・エクイティ会社は世界的に評判が高いにもかかわらず、ほとんどの日本の売り手は日本での実績や評判のない同社を信頼しておらず、取引を成立させるのは非常に難しい」と同氏は指摘する。

「決意を持っているのは私達だけだと信じています」 [that] 業界ごとの投資アプローチに従う – 当社には 3 つの業界グループがあり、各業界グループは独自の戦略を持っています。 そのため、私たちは年間 300 社とコンタ​​クトしており、これは 20 年間続いています。

READ  ジャパン・ソサエティでの鈴木センテニアル・シリーズ 2月3日~11日