12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

成功の高まり:日本で認定された最初の1,000kmの無動力グライダー航空機

日本で1,000キロのグライダー飛行を無事に終えた高見健志は、2021年7月22日に都道府県出倉の出倉滑空場で見られます。

フェデレーションエアロノーティカルインターナショナル(FAI)の1,000 kmバッジは、栃木県と岩田県を無断で1,084.4 km飛行したことで、日本の板倉のアマチュアグライダーパイロットに授与されました。

長距離スケートが難しいとされる日本国内で、飛行機がロゴを獲得したのはこれが初めてと言われている。 しかし、埼玉県在住の高見健志氏は、年に数日しか発生しないと言われる大山山脈の気象条件を利用して、7回目の試みでこの偉業を成し遂げました。

5月10日午前7時前、晴天の下、52歳の高見のDG-400グライダーが、クンマ県イタグラ市のイタグラ滑空場からエンジン駆動の飛行機を離陸させた。 午前8時、栃木地方のヌシオパラで無人航空機(UAV)に乗り込み、約250キロ離れた金ヶ崎とイバット県の間を2周した。

2回目のリングのグライダーは、栃木県の高原山近くで午後3時40分に1000kmの距離に達した。 コックピット内では、高見が拳を握りしめた。 出発から板倉滑空場までの総飛行時間は約10時間。 田上は「大変だったので、何度も勝てなかったけど、やり遂げた」と振り返る。

通常のグライダー、またはセイルプレーンは、1メートルの高さで30〜40メートルスライドできます。 長距離飛行のためにクラフトをアップグレードして高さに到達する必要があります。 しかし、日本の狭い地形や山岳地帯に起因する不安定な気象条件は、太陽で暖められた空気が上昇する「暖かさ」を維持することを困難にし、1,000キロメートルを滑らせようとするときに課題を提示します。 東日本の東京から鹿児島南西部の屋久島までの等価距離。

東京の日本ライジングアソシエーション(JSA)によると、他の9人の日本人がFAIグライディングコミッション(IGC)の1,000kmバッジを受け取りました。 すべてが海外で達成され、750kmのバッジで2015年に国内最長の記録を達成しました。 直線などで50キロの飛行が必要なIGCのシルバーバッジでさえ、国内での飛行はほんの数年です。

JSA事務局長の芦田信夫氏は、「効率性、気象条件の研究、そして長年の準備と時間」の結果として、1,000キロメートルの飛行の成功を称賛した。

(馬橋支局日本原作瀬ぬ直道)

READ  ウォール街の記録の後、アジアの株式は上昇し、日本のインフレは低下する