10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

情報筋によると、OPEC+ はロールオーバーとわずかな減産を比較検討している

情報筋によると、OPEC+ はロールオーバーとわずかな減産を比較検討している

2015 年 8 月 21 日、オーストリア、ウィーンの本部にある石油輸出国機構 (OPEC) の紋章の写真。 REUTERS/Heinz Peter Baer/File Photo

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

  • OPEC+が月曜日に会合して政策を決定
  • イランの核合意は石油供給を後押しする可能性がある
  • ヨーロッパへのロシアのガス供給はさらに削減されました
  • ブレント原油は6月の120ドルから95ドルに下落

[ロンドン 23日 ロイター] – OPECプラスの6つの情報筋は、OPECプラスが10月の石油生産枠を据え置く可能性が高いと述べた。 . 景気減速。

6 つの OPEC+ 情報筋は日曜日と月曜日に、石油輸出国機構 (OPEC) とロシアを含む同盟国 (まとめて OPEC+ として知られている) が現在の政策を可決すると予想されていると述べた。

しかし、情報源のうち 3 人は、生産者グループが 100,000 bpd の小規模な削減についても話し合う可能性があると述べました。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

月曜日の OPEC+ 会議は、テヘランが世界の大国との 2015 年の核合意を復活させることができれば、市場に戻るイランの原油の供給が増加する可能性を含む複雑な背景に反している.

一方、ロシアは、ウクライナでの軍事紛争のためにロシアのエネルギー供給を制限するという考えを支持する国への供給を停止すると述べた.

一方、ヨーロッパでのロシア産ガスの供給はさらに減少しており、価格のさらなる高騰につながる可能性があります。 続きを読む

ブレント原油は、西部での景気減速と景気後退の恐れの中で、6 月の 1 バレル 120 ドルから約 95 ドルに下落しました。

イランは、制裁が緩和された場合、日量 100 万バレル、または世界の需要の 1% を供給に追加すると予想されますが、金曜日に核合意の見通しはあまり明確ではないように見えました。 続きを読む

石油輸出国機構 (OPEC) で最大の生産国であるサウジアラビアは先月、誇張された原油価格の下落に対処するために減産の可能性を示唆した。 続きを読む

Energy Aspects の Matthew Holland 氏は次のように述べています。

しかし、現物市場からの兆候は、供給が引き続きタイトであり、多くの OPEC 諸国が目標を下回って生産している一方で、新しい西側の制裁がロシアの輸出を脅かしていることを示唆しています。

「生産を減らしても、世界が生活費の危機に直面しているときに彼らを味方にすることはできません」…より賢明な選択肢は、今月行動を起こし、より明確になったときに将来を再考することかもしれませんと、Oanda のアナリスト Craig Erlam 氏は述べています。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

Rowena Edwards と Olesya Astakhova による追加レポート。

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  2022年第1四半期のシェブロン(CVX)の収益