11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

怪しげな介入で日本円も暴落

月曜日の早朝の取引で東京が介入したため、日本円は2日連続で下落しましたが、利回り主導の安全な避難所の需要の波に乗ったため、通貨の容赦ない下落を食い止めようとする努力はドルによって鈍化しました.

円の下落は、世界第 3 位の経済大国である日本に広範な懸念を引き起こしています。日本はすでに、燃料から食料に至るまであらゆるものの輸入請求額の上昇に直面しており、日銀の厳しいコミットメントに挑戦しています。 蔓延するインフレに対抗するための世界的な金融引き締め。

日本の当局者は、介入したかどうかを確認することを再び拒否しましたが、価格行動は介入したことを強く示唆していました.

月曜日の早い段階で、日本の通貨は 4 円上昇して 1 ドル 145.28 ドルとなり、金曜日に東京が同様の動きをした後、2 日連続で通貨当局が介入したことを示しています。

しかし、連邦準備制度理事会が金利を非常に低く抑えるという日銀のコミットメントに反対する政策引き締めキャンペーンを拡大しているため、円は 148 円近く下落し、米国と日本の間の金利差の拡大が浮き彫りになりました。

東京での午後の取引では、ドルに対して148.9で取引され、金曜日に見られた152近くの32年ぶりの安値からはほど遠い.

日銀の結合

日銀はジレンマに直面している。

中央銀行は、インフレが比較的穏やかで、経済がハイギアに移行できず、生活費が上昇し、景気後退を引き起こすような時期に利上げを行うことに慎重です。

中央銀行は 10 月 27 ~ 28 日に政策決定会合を開催し、ハト派的な政策スタンスを維持すると予想されます。

来週会合する中央銀行は、積極的な利上げを延長する予定であり、ドルを積み上げながら円を売る市場の傾向をさらに強めている。

日本の通貨は今年、ドルに対して 20% 以上下落しました。

神田正人財務次官は月曜日に財務省(MOF)の記者団に、彼らが再び介入したかどうか尋ねられたとき、「私たちはコメントしません」と語った.

「適切な対応を取りながら、24 時間 365 日市場を監視しています。今後も継続していきます。」

ステルス干渉

土曜日、情報筋はロイターに対し、金曜日の夜通しでドルが 7 円まで下落したのは、当局による円買いによるものだと語った。

東京は9月22日、1998年以来初めて円を支えるために2兆8000億円(188億ドル)を費やして市場に参入したことを確認した. しかし、それ以来、当局はさらなる努力が行われたかどうかについて沈黙を守っています. 通貨をサポートします。

1兆3300億ドルの日本の外貨準備高は、依然として数回介入するのに十分な火力を提供しているが、トレーダーは、東京が円の下落を自力で逆転させることができるとは考えていない.

主要7カ国は今月、最新のボラティリティを注意深く監視することに同意したが、共同介入の準備ができているかどうかを特定するには至らなかった.

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフFXストラテジスト、上野大作氏は「英国ポンドとイタリアリラが関係する過去の危機では、当局は自国通貨の保護に失敗した。同様に、日本のステルス介入の効果は限定的だった」と述べた。

「ドル高が円安の最大の要因。米国の利上げがピークに達し、利下げの兆しが見えれば、介入しなくても円安は止まる」

鈴木俊一財務相は、過度な為替変動は望ましくないと繰り返した。

財務省の記者団に対し、「投機に基づく過度な為替相場の動きは容認できない。 ボラティリティーの高まりには適切に対応する」と述べた。 ($1 = 148.9000 円) (梶本哲史による報告 チャンロン キム、キム コギル & シュリ ナヴァラタナムによる編集)

READ  古いライバルの日本に対するロシアの勝利または敗北