7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

忍者フィーバーの台頭: アメリカから日本へ

忍者フィーバーの台頭: アメリカから日本へ

1980 年代、さまざまな要因により、忍者熱がアメリカを席巻しました。 ブルース・リーの影響力は、1973 年の死後も増大し続けました。 さらに、『Black Belt』誌は、疑わしい背景を持つ忍者刀を宣伝しました。 もう一つのきっかけは、武道と官能性を日本の歴史と戦士の物語と組み合わせたエリック・フォン・ルストバーダーの1980年のベストセラー小説「忍者」だった。 Lustpader の使命は、良いレビューを追うことではなく、本を販売して人々を楽しませることにあります。

忍者に対するこの魅力はすぐに日本に戻りました。 ビデオゲーム開発者のカプコンは、80 年代後半に漫画スタジオと提携して新しいプロジェクトを立ち上げました。 開発者の四井孝一は、東京の新宿の近未来的な街からインスピレーションを得て、アクション ゲームの忍者のコンセプトを提案しました。 その結果生まれたのが、1990 年にエレクトロニック ゲーミング マンスリーのゲーム オブ ザ イヤー賞を受賞したゲーム「ストライダー」です。

『ストライダー』は2048年のサイバー空間、カザフ・ソビエト社会主義共和国が舞台。 プレイヤーは主人公を操作し、トンファーのようなプラズマ剣を使って敵と戦います。 ゲームプレイは単純で、ボタンでジャンプして攻撃する古典的なアーケード ゲームを思い出させます。 主人公は、旅を助けるオプションと呼ばれるロボットの仲間を得ることができます。

四井氏の『ストライダー』の創作ビジョンは、白土三平の漫画『カムイの花園』や当時の人気シューティングゲームの影響を受けたものでした。 ロボットのコンパニオンの視覚的に魅力的なデザインは、たとえ短期間ではあったとしても、永続的な印象を残します。 『ストライダー』は何度遊んでも視覚的に魅力的です。

このゲームは、ペースの速い忍者のブームとは一線を画す、ユニークな未来のビジョンを捉えています。 その永続的な魅力は、そのユニークさとその作成に費やされた努力にあります。 「ストライダー」は Nintendo Switch Online + 拡張パック加入者向けに提供されており、プレイヤーに懐かしい体験を提供し、忍者ブームの不朽の遺産を紹介します。

READ  日本南西部では伝統的なタンニンコーティングファンの生産が増加しています