10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

徳川家康の城 | 日本ドットコム

徳川は、家康の生誕地である岡崎城や、彼が築いた幕府の中心となった江戸城など、家康の生涯とキャリアにおいて重要な 5 つの城を紹介しました。

イヤスの出身地

徳川家康後の江戸幕府の開祖は、1543年に美川県(現在の愛知県)の岡崎城で生まれました。 西光氏は1452年に最初の砦を築いたと考えられています。 これらは家康の祖父である松平清康が鹵獲し、この地に城を築きました。


岡崎城跡とその堀。 (©ピクスタ)

清康の死後、松平氏の勢力は衰退し、息子の広忠は鶴鹿県(現在の静岡県)の今川家に配属された。 1547年、広忠の子・家康(本名松平武千雄)は駿河に人質として送られることになったが、奴隷の裏切りにより尾張県(現・愛知県)の織田氏に連行された。 州)。 彼が将来のライバルに出会ったという確証のない話があります 織田信長 ここ。 しかし、2年後、家族が織田と交渉した後、家康は人質として今川に行きました。

1549年に広忠が殺害され、家主が人質に取られたため、岡崎城は長い間支配者を失いました。 1560年、現在織田を率いる信長は桶狭間の戦いで今川義元を破った。 吉本は戦死し、13年ぶりに帰国する機会を得た。

当時の岡崎城には石垣がなく、櫓や門の屋根は茅葺きだったと思われます。 現代の説明によると、家康は修理を監督し、今川の支配から解放され、領土を統治するために出発した若者のイメージを作成しました。 家康は岡崎城を本拠地として、次の 10 年間を三河と結束させました。

学習体験

1570 年、家康は強力な戦国武将である武田信玄の西方への拡大を防ぐために、本拠地を岡崎から東へ 70 キロ離れた浜松に移しました。

浜松城は、天然の荒い石を積み上げた野スラズミです。  1590年に鳳凰義春によって建てられました。  (©ピクスタ)
浜松は城で有名 ノズラズミ 自然の荒石を積み上げた壁。 1590年に鳳凰義春によって建てられました。 (©ピクスタ)

家康は新しい場所を松にちなんで浜松と名付けました (まつ) 海岸線 (ハマ)ここで彼は既存の城を拡張し、17年間そこに留まりました。 彼の滞在中、城は土でできていましたが、宝竜氏の治世中に捕獲されました。 豊臣秀吉 それは石の壁と防御で建てられました。

浜松城は、1573年の美ヶ原の戦いで武田信玄軍と激突した家康が命を落とした城として有名です。 城での可能な包囲に耐えるという選択肢を却下し、家康は軍隊を野戦に送りましたが、壊滅的な敗北を喫し、多くの有能な奴隷を失いました.

しかし、1573年に信賢が死去し、武田氏が滅亡した後も、城の改良を続けました。 彼は相手のライン ビルディング テクニックを研究し、防御を強化しました。 浜松は、家康が屈辱的な経験を学びの機会に変えた場所です。

祖安初の近世城

織田信長とイヤスは同盟関係にありましたが、1582年の信長の死後、イヤスは武将の後継者である豊臣秀吉(後の羽柴秀吉)と衝突しました。 彼らの軍隊は、1584 年に小牧と長久里の戦いで戦った。

結果は決定的なものではありませんでしたが、イエスが帝国で 2 番目に強力な指導者であることを証明しました。 彼は東の山武に移動して秀吉を防御し、城壁と石垣を備えた最初の近代的な要塞を建設しました。

山武城は現在、静岡市の公園内にあります。

日本古城絵図に山武城の平面図がある。 江戸中期(1603~1868年)に描かれたもので、家康が居城した後のもので、中央の防備を中心に長い年月をかけて築かれた大きな城が描かれています。  (国立国会図書館提供)
追加された山武砦の平面図 日本五条エス (日本の古城の平面図)。 江戸中期(1603~1868年)に描かれたもので、家康が居城した後のもので、中央の防備を中心に長い年月をかけて築かれた大きな城が描かれています。 (国立国会図書館提供)

駿府城公園では、駿府城が一般公開されています。 この2014年の写真は完成した羊猿タワーです。  (©ピクスタ)
駿府城公園では、駿府城が一般公開されています。 この2014年の写真は完成した羊猿タワーです。 (©ピクスタ)

1585 年の夏に建設が始まり、家康は数か月後に引っ越しました。 2年後、保険は完了しましたが、詳細は乏しく、その期間の画像は信頼できません.

家康は、1590 年に秀吉からカンテ地方への移住を求められるまで、山武に居を構えました。 しかし、1603 年に江戸 (現在の東京) に幕府を開いた 2 年後に退位し、山武に移り住みました。 将軍は息子の秀忠が継いだ。 京都の二条城にときどき滞在する以外に、家康は 1616 年に城で亡くなるまで山武に留まりました。

将軍にふさわしい城

秀吉が関手地方の八条氏を滅ぼした後、家康は彼らに以前の領土への移転を命じ、武蔵県の江戸に本拠を置きました。 秀吉は1598年に亡くなり、別の権力闘争が始まりました。 家康は 1600 年の関ヶ原の戦いで国の支配権を獲得し、1603 年に新しい幕府を設立しました。

彼はすでに東京の皇居である江戸城の改良を行っていましたが、将軍にふさわしい城を作るためにこれらを加速させました。 国の大名はこの仕事に貢献しなければなりません。 石垣の石材は、伊豆(現静岡県)や相模(神奈川県)の海岸から船便で運ばれてきました。

静岡県伊豆半島の東海岸には、江戸城の石切り場跡があります。 大きな石の中には、金属製のくさびを打ち込んで分割した穴の列がまだ残っているものもあります。  (©ピクスタ)
静岡県伊豆半島の東海岸には、江戸城の石切り場跡があります。 大きな石の中には、金属製のくさびを打ち込んで分割した穴の列がまだ残っているものもあります。 (©ピクスタ)

の構築 本丸 1606年に始まり、徳川2代将軍秀忠が住んだ場所です。 ある記録では、砦は「雲に届くほど高く」、「雪に覆われた頂上のように白い」と表現されていました。 色は塗装によるものと思われます。

江戸城初期の史料から、戦争を想定して設計されたことが分かります。 徳川家が現在日本を支配しているのを見た人々を引き付けるために、秀吉の大阪城はより大きなサイズでした。

1608年 慶長江戸絵図の江戸城平面図(慶長江戸絵図) [1596–1615])は幕府成立直後に描かれたと考えられ、城とその周辺を描いています。  (提供 東京都立中央図書館特別コレクション室)
1608年江戸城の平面図 慶長江戸絵図 (慶長江戸絵図) [1596–1615])は幕府成立直後に描かれたと考えられ、城とその周辺を描いています。 (提供 東京都立中央図書館特別コレクション室)

1614 年にはさらに多くの化合物が追加され、徳川幕府の本拠地が完成しました。

京都の幕府跡

江戸城が武士の力を発揮したとすれば、二条城は京都で徳川の力を発揮した。 1603 年に完成し、家康が将軍になった年に、家康は京都城から皇居に赴き、正式に就任の礼を述べました。

ここで法廷関係者の挨拶を受けた。 砦は平地に建ち、周囲を五重の濠と土塁、櫓に囲まれており、さまざまな戦闘機能を備えていました。 しかし、家康の死後、1625年に天皇が城に入るために門が建てられました。 式典の場となり、和やかな雰囲気を醸し出しました。

二条城の東大門。 現在の門は1663年に再建されたものです。  (©ピクスタ)
二条城の東大門。 現在の門は1663年に再建されたものです。 (©ピクスタ)

1867年、最後の将軍、徳川慶喜が明治天皇に権力を譲ったのは二条城でした。 古都京都の歴史的建造物の一部であるこの城は、現在ユネスコの世界遺産に登録されています。

(2022年7月25日原文掲載。バナー写真:岡崎城は1959年に再建された資料館があり、現在も地元のランドマークとなっている。© Pixta.)

READ  北京大会での日本人アスリートチーム結成式