8月 15, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

復帰後の沖縄の繁栄:リョーボウホールディングス 糸数浩一会長インタビュー

沖縄が日本に返還されたのは 1972 年、今から 50 年前のことです。 県は一人当たりの収入で引き続き最下位にランクされていますが、地元のビジネスリーダーである糸数公一氏は、沖縄で唯一のデパートを運営するリボホールディングスの社長であり、沖縄に戻るのは良いことだと主張しています. 経済。 彼は、経済がどのように成長したか、そして彼の会社の経験と将来の展望について語っています。

那覇市中心部県上目駅から右折、12分 ゆいトレインは沖縄の都市モノレール 那覇空港と白い10階建てのリウボウデパートがすぐに見えてきます。


リウボウ百貨店は、沖縄県庁や那覇市役所の向かい、那覇市の中心部にある目立つ場所にあります。

かつては三越や山形屋などの大手百貨店が沖縄に支店を構えていましたが、全国各地で閉店が相次ぎ、沖縄も例外ではありません。 現在、県内に現存する百貨店はりゅうぼう百貨店のみです。

この百貨店に加えて、親会社のリウボウ ホールディングスは、コンビニエンス ストア チェーンの沖縄ファミリーマートやリウボウ ストア スーパーマーケットなど、他の小売事業にも積極的に取り組んでいます。

琉球貿易商社は、1948年に日本列島および海外と商品を貿易するために設立されました。 その後、百貨店やスーパーマーケットへと事業を拡大し、年間売上高1,000億円を超える企業グループへと成長しました。 かつてファミリーマーチンの米国子会社のCEOを務めたリポホールディングスの糸数会長は、沖縄の財界の第一人者だ。

沖縄の経済の変化と、日本統治時代に戻ってから数十年にわたるリウボウ百貨店の経営状況についてリーダーに尋ねました。

好転は繁栄をもたらした

「日本統治への復帰が良いかどうかについては意見が分かれています。アメリカの統治下にあった場合、沖縄はより国際的になったと考える人もいます。しかし、客観的に言えば、私は逆転によって沖縄がより繁栄したと信じています.

イドカズにとって、沖縄と本島の間の自由な移動から始めることの利点は明らかです。 両国間の旅行には、1972年まで沖縄を統治していたアメリカの統治機関である琉球諸島の米国民政府が発行した日本の旅行証明書が必要でした.

「沖縄が日本統治に戻った瞬間、本土への商用旅行が増えた」と糸数氏は言う。 両方向の交通量の増加が沖縄の経済にプラスの効果をもたらしたことを強調し、多くの人が知識と技術を伝えるために沖縄に旅行したことを彼は指摘します。

一方、沖縄は日本の 47 都道府県の中で、一人当たりの所得が最も低く、貧困世帯の数が最も多い。 イドカズは、これが確かに問題であることを認めています。 「沖縄は依然としてランキングの最下位に位置していますが、一人当たりの所得の伸びが鈍化しているからといって、沖縄の経済が成長していないということには同意できません。50 年前に比べて、生活水準は大幅に向上しています。

糸数は、沖縄で育ったときの印象から、当時は現在よりも貧しい家庭が多かったと語っています。 1972 年の県の 1 人当たりの年間所得は 44 万円で、全国の 59.5% に相当します。 現在、沖縄県民の所得は 240 万円で、国民 1 人当たりの所得の 74.8% を占めています。

リウボウ スーパーマーケットの成果は、地域の生活の質の向上を直接反映しています。 1972年の売上高は40億円でしたが、2019年には181億7000万円と、50年間で4倍の成長を遂げました。 「小売業では、顧客と直接話します。 彼らが買い物をすることができなければ、私たちのビジネスも打撃を受けます。 復帰後も順調に成長を続けているのは、沖縄の経済が元気になった証です。

セゾンチームのノウハウを活用

当時の西武百貨店の親会社であるセゾングループとの人的関係による取引関係が成功の原動力となった。

「あっという間にセゾングループの堤清治社長が沖縄に到着した。堤と龍紡の当時の社長であり、ともに東京大学の同窓生であり、沖縄の経済を助けたいと意気込んでいた堤は熱心に取り組んだ。ビジネス関係を提案した。

故宮里龍彦氏がリウボウを沖縄有数の企業へと成長させた。
故宮里龍彦氏がリウボウを沖縄有数の企業へと成長させた。

「この取り決めにより、リュウボウは本土のあらゆる種類の商品を保管することができました。 セゾングループは、東京の百貨店への情熱をスタッフと共有する何人かの従業員を派遣しました。 このようにして、セゾングループの方々との人間関係を築きながら、幅広い商品を販売することができました。 絆は後に解消されましたが、得られた知識は竜房の成功に大きく貢献しました.

ニッチなビジネスの構築

リウボウだけでなく、多くの地元企業が経済の低成長の恩恵を受けました。 しかし、糸数によると、沖縄はまだ多くの分野で遅れをとっており、そのうちの 1 つは才能を維持したいという願望です。

「ここの人々はしばしば才能に欠けており、スキルを向上させるために十分に努力していません。代わりに、座って知識がスプーンで与えられるのを待つ傾向があります。より良くなるために学び、改善しない限り、彼らはそうしません。そこが沖縄の弱い所で、それは今も昔も変わらず、それまでは個人の収入がとても低かった。

Covid-19のパンデミックにより、観光客は大幅に遠ざかりました。 生き残り、繁栄するために、イドカズは、リュウボウがどのようにスキルを学び、自宅でスキルを磨かなければならないかを強調しています. また、独自のセールス ポイントも必要であり、イトカズが想定するものが重要な戦略です。

「今後は、海外からの主要素材の積極的な調達と備蓄を行っていきます。 これは大型スーパーにとって採算の取れない方法ですが、リウボウはこの分野で専門性を高める必要があると思います。 プライマリーであっても、そのような商品をたくさん提供することで利益を得ることができます。 こういうのが好きな人にはたまらないでしょう。 その上、他の企業はその種の製品を扱っていないため、競合することはありません。 流行の商品を売れば価格競争になり、大手店には勝てません。

世界中の多種多様なコア製品を販売するというビジネス戦略を採用しているリウボウは、30 年後、50 年後も関心を持ち続けることを望んでいます。 イトカズ氏は、沖縄はニッチ市場を開拓するのが得意だと考えている。

「沖縄は琉球王国の時代からずっとそういう商売をしてきた。 [established in the fifteenth century in what is now Okinawa Prefecture]. 王国の生き残り戦略は、アジア大陸の近隣諸国と広範囲に貿易を行い、地域全体から商品を集め、その後の貿易のパイプ役として機能することでした。

糸数は、同じ考えが竜房にも当てはまると信じています。 実際、1972 年以前は、リウボウのバイヤーが米軍機で他国を訪れ、日本にないあらゆる種類の商品を持ち帰ったため、リウボウは輸入品を購入しようとする人々の頼りになる目的地となっていました。

リウボウは輸入品の販売をやめましたが、イトカズはそのビジネスを復活させたいと考えており、より多くのバイヤーを雇うことについてブレインストーミングを行っています. 彼は、Ryūbo が世界中の主流製品をすぐに販売できるようになることを望んでいます。

「私の目標は、ユニークな商品を探している島のお客様をリウボウ スーパーマーケットに連れて行き、ここだけで海外からの商品を販売することです。 これからも輸入をメインに、沖縄の経済発展に貢献していきたいです。

バナー写真:ライボウホールディングスの糸数浩一社長とライボウ百貨店屋上の看板の合成写真。糸数は同百貨店を運営するライボウ工業の社長でもある。全写真©武士見学.)

READ  日本のスロットマシンをプレイするときに何を期待するか