6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

当局は、元テクノロジー企業幹部がゲッティイメージズの株価吊り上げ計画に関わる詐欺行為を認めたと発表

当局は、元テクノロジー企業幹部がゲッティイメージズの株価吊り上げ計画に関わる詐欺行為を認めたと発表

サンフランシスコ(AP通信)-元テクノロジー企業幹部が、写真・動画配信会社ゲッティイメージズの株価を人為的につり上げる計画に関わる通信詐欺1件で有罪を認めたと連邦当局が金曜日に発表した。

2006年にネットワーク機器メーカー3ComのCEOを数か月間務めたロバート・スコット・マレー氏が、シアトルに拠点を置くゲッティ社の株価を操作しようとした疑いで証券詐欺の罪で起訴された。 マレー氏はゲッティ・イメージズ・ホールディング社の約30万株を所有していた。 によると、2023 年 4 月に 法務省の声明 投資家はより大きな利益を得るためにゲティのポジションを手放すためにゲティの株をつり上げようとしたと主張。

によると 証券取引委員会が発表した声明、マレーは最初にAをリリースしました ニュースレターシリーズ 企業に自社を売り込んだり、 マレー氏を取締役会に加える。 連邦当局は、マレー氏がマサチューセッツ州の投資会社トリリウム・キャピタルを通じてこれらの発行物を発行し、マレー氏自身がその唯一のオーナー兼取締役であると述べた。

そして、2023 年 4 月 24 日、トリリウムは次のことを発表しました。 Getty Images を取得しようとしたと思われる 直接的には1株あたり10ドルで、前日の株価終値のほぼ2倍となる。 その日、同社の株価は上昇したが、価格は依然として10ドルを大きく下回った。

GT 独自のプレスリリースを発行 翌日、同氏はこの提案に疑問を投げかけ、「未公開の発行済み株式の量」を取得することを目的とした「一方的な、拘束力のない、非常に条件の高い提案」であると述べた。 同氏は、トリリウムはゲッティ取締役会に参加を正当化する十分な信頼性があるという証拠を何ら提供していないと述べた。

SECはこの提案は「虚偽で誤解を招く」ものだとし、マレー氏とトリリウム氏が買収に必要な資金を調達する努力をしていないと指摘した。 さらにSECは、「マレー氏は4月24日の市場開始後数分以内に、ゲッティ社が表明した申し出に応じるのを待たずに、ゲッティイメージズ株の清算を開始した」と指摘した。 司法省の声明は、マレー氏が「1時間以内に約148万6,467ドルで」ゲッティ社の全株を売却したことを認めた。

マレー氏のコメントは得られていない。 Trillium の Web サイト上のアドレスに宛てられた電子メールは AP 通信に返送され、Trillium が公開した電話番号に複数回電話をかけても話中信号しか返されませんでした。

司法省は、マレー氏が後日ボストンの連邦裁判所に出廷すると発表した。

READ  メリーランド州タウソンのアップル労働者が組合への加入に投票