5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

弁当箱の中で考える、日本は駅弁の日を祝う

弁当箱の中で考える、日本は駅弁の日を祝う

横浜は4月10日、全国の駅で販売される弁当を祝う「駅弁の日」を祝った。

「駅弁の日」は、1993年に日本駅食品商業協会が「弁」の字に4月の「4」と「10」を組み合わせたものとして提案した。

日本記念日協会は1月、4月10日を駅弁の日として正式に認定した。

最も有名な駅弁は間違いなく横浜の崎陽軒です。 今年で70周年を迎える同社の「シウマイ弁当」。

同社関係者によると、シウマイ弁当は1日約2万7千個が売れるという。

横浜駅と密接な関係がある行軒。 1908年(明治41年)に元駅長らが駅構内営業の許可を得て設立した。

ケオカン関係者は、チャイナタウンが近いことを理由にシュウマイのアイデアに難色を示した。

シウマイ弁当は1954年に販売が始まり、1928年に元祖餃子を作ったときと同じレシピが使われています。

冷やしても美味しいと宣伝されているシウマイ弁当。 干しホタテを焼売の豚ひき肉と混ぜることで、焼売が冷めても風味が持続します。

また、お弁当箱の木箱が余分な水分を吸収してくれるので、ご飯が冷めてもべたつきません。 絶妙な食感を保つために秘伝の方法で蒸し上げたお米です。

お弁当の周りの紙には記念年にちなんで「70」と書かれています。

しかし、横浜のハイライトには、遊園地コスモワールドや横浜ベイブリッジなどがあります。

崎陽軒の広報・マーケティング部の山本茜氏は、同社はシウマイ弁当を人気の地元ブランドにしようとしていると語った。

「駅弁はその土地に行ったからこそ味わえる、旅の思い出に残るものです」と話す。 「全国に店舗を開設するつもりはない。」

READ  Samvardhana Motherson Automotive は、日本のいちご工業のガラス事業を買収する予定です。