5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

平和主義の日本の何十人もの人々がウクライナのために戦うことを志願しました

2022年3月1日、ウクライナでのロシアのサイトメア侵攻が続く中、市民は電車でモロトフカクテルを投げて街を守ります。 ロイター/ Viacheslav Ratynskyi

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、3月2日(ロイター)-ウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領は、ボランティアからの呼びかけを受けて、ロシアの侵略者と戦うために日本の「国際部隊」に参加するようボランティアに呼びかけた。

日本南西部に住む39歳のサラリーマン、黒木氏は月曜日、ツイッターでボランティアの要請を見てウクライナ大使館に電話したとロイターに語った。

「ウクライナで銃を持って先に進む老人と女性の写真を見たとき、私は彼らの代わりに行かなければならないと感じました」と彼は言いました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

大使館はクロキと戦うという申し出を断り、彼は必要な軍事経験を持っていなかったと言った。

火曜日の時点で、日本の防衛軍の元メンバー50人とフランスの外国軍団からの2人の兵士を含む70人の日本人男性が志願を申し込んだ、東京に本拠を置く東京に本拠を置く会社はMynchiShimpan新聞によって言ったと伝えられた。

ウクライナ大使館のスポークスマンは、「ウクライナのために戦いたい」という人々からの電話を受け入れたと述べたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

2月28日の大使館のソーシャルメディアの投稿は、ボランティアに関する多くの問い合わせに対して日本人に感謝したが、規則を追加した。

「申請者は、自衛隊での経験または専門的な訓練を受けていなければならない」と述べた。

水曜日のツイッターの新しい投稿で、在日ウクライナ大使館は、医学、情報技術、通信、または消防の経験を持つボランティアを探していると述べた。 ボランティアの役職が遠隔地にあるのか、ウクライナへの旅行に関与しているのかはすぐにはわかりませんでした。

日本は同胞に何らかの理由でウクライナへの旅行を延期するよう要請し、水曜日に松野博康首相はボランティアの報告を知っていると述べた。

同氏は記者会見で、「日本の外務省はウクライナ全土で避難提案を出している。訪問の目的に関係なく、ウクライナへのすべての旅行を止めてほしい」と語った。

「私たちは日本のウクライナ大使館と連絡を取り、立ち退きのアドバイスが行われていることを示しました。」

日本は水曜日に、首都のリスクの高まりを理由に、キエフの大使館を一時的に閉鎖すると発表した。

ウクライナでの戦争は日本に強い感情を引き起こしました。日本は戦後の平和主義憲法を再定義し、共同防衛や攻撃を受けている同盟国でのみ日本を支援するようになりました。

先週、ロシアの侵略に抗議するために何百人もの人々が東京に集まり、ウクライナ大使館は、日本の約6万人から1700万ドルの寄付を集めたと述べた。

クロキによれば、ウクライナは、ニーズが変化した場合、再びボランティア活動を行うことを約束しています。

「私は戦争を知らなかった世代に属している」と彼は言った。 「私は戦争に行くつもりはありません。子供たちが銃を携帯することを余儀なくされるのを見るのではなく、行くつもりです。」

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ElaineLiesとSakuraMurakamiによるレポート。 リンカーンフィーストの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  川崎重液化水素運搬船が日本からオーストラリアに向けて出発