7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

川崎重液化水素運搬船が日本からオーストラリアに向けて出発


ファイル画像:川崎重工業株式会社。 このロゴは、2018年10月4日にフランスのパリで開催されたパリモーターショーで発表されました。 ロイター/ブノワテシエ

東京(ロイター)-世界初の液化水素運搬船が金曜日に日本を出発し、オーストラリアで最初の貨物を受け取り、2月下旬に日本に戻ったと川崎重工業は語った。

日本の川崎が主導し、日本とオーストラリアの政府が支援する5億ドル(3億6200万ドル)のパイロットプロジェクトは、当初、春にオーストラリアで褐炭から抽出された水素の最初の出荷を出荷する予定でした。

しかし、Govt-19の流行により、川崎の会計年度の後半の10月から3月に遅れました。

「天候にもよるが、水素運搬船 『スイソフロンティア』は1月中旬にオーストラリアに到着し、2月下旬に日本に帰国する予定だ」とスポークスマンは語った。

片道約16日かかります。

川崎重工業は、水素を使用する主要な液化天然ガス(LNG)タンカーメーカーとしての成功を再現することを目指しています。これにより、産業の装飾が促進され、世界的なエネルギー変換が促進されます。

今年3月、日系オーストラリアのイニシアチブは、褐炭から水素を製造し始め、液化水素を製造して安全に日本に輸出できることを実証することを目的とした。

このプロジェクトのオーストラリアのパートナーには、日本の電源開発株式会社(J-Power)、イヴァタニ株式会社、丸紅株式会社、住友商事、オーストラリアのAGLエナジー株式会社が含まれます。これらの鉱山は褐炭を供給しています。

($ 1 = 1.3816オーストラリアドル)

(大林組による報告、Kirsten Donovanによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本中国は排出量を満たすために再生可能エネルギーを増やすために進歩している東京EU日本