8月 8, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

山下が日本初の女性プロ審判に就任

山下36、5月にフランスにちなんで名付けられました ステファニー・フラウバート とルワンダ サリマ・ムガンサンガ 今年後半にカタールの当局者-男性のワールドカップを審判した最初の女性。 山下は現在署名されています 専門家契約 彼は初日を日本サッカー協会との学校の子供たちとの話し合いの仕事に費やしました。 彼の新しい役割は、日本が発足してから1年も経たないうちにやってくる 最初のプロ女子サッカーリーグWEリーグ。

男子アジアチャンピオンズリーグのトーナメントを担当した最初の女性である山下は、自分だと思ったと語った。女性に焦点を当てたほうがいい「」。「女性が男子の試合を審判するのは大したことではありませんが、この時点での目標は目標を達成することです。 それが騒ぎを引き起こしてくれてうれしいですh」と彼女は言った。

山下、フラバード、ムガンサンガが選ばれました ワールドカップの36人の審判 11月から12月に、さらに3人の女性が初めて69人のアシスタントのリストに選ばれました。 山下は 「ワールドカップの空気を吸う」のを待っています。 カタールでは、彼女は意思決定をスピードアップしようとしました。

「審判の試合はいつでも上達できる」と彼は語った。 「」アクションは目まぐるしいペースで動きますが意思決定をスピードアップできれば、すべての意思決定をより明確に行うことができます。」

山下彼女は昨年、日本の国内のJリーグで試合を審判した最初の女性となり、月曜日にJFAの本部で子供たちに審判の仕事を説明し、彼らの質問に答えました。 「私はずっと緊張していました -カードを取り出したとき、手が震えていた」と語り、「緊張しましたが、注意深く耳を傾けていた彼らの目がキラキラと輝いていてとても嬉しかったです。 とてもたのしかった。」

READ  日本を象徴する中銀カプセルタワービルは来週解体される予定です