4月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

少子化を受けて日本のおむつメーカーは大人向け市場への転換を促している

少子化を受けて日本のおむつメーカーは大人向け市場への転換を促している

東京(AFP) – 日本の出生率の低下により、おむつメーカーは乳児向けの家庭での製造を中止し、代わりに大人向けの生産を増やしたと同社は火曜日に発表した。

公開日:

1分

OGホールディングスは、ピークだった2001年の年間7億枚から現在は4億枚まで減少したベビー用おむつの国内生産を9月に終了する。

AFPの広報担当者は「出生率の低下などの影響で、赤ちゃん用おむつの需要は減少している」と述べた。 日本では在庫がなくなるまで販売し続ける。

2023年に日本で生まれた赤ちゃんの数は過去最低を記録し、死亡者数は新生児の2倍以上となった。

広報担当者は、OGホールディングスが主に老人ホームなどの施設での使用をターゲットとして、国内の高齢者向けヘルスケア製品の生産を増やすと述べた。

日本はモナコに次いで世界で最も高齢化が進んでおり、大人用おむつの市場は「国内で成長すると予想される」と同社は月曜日の声明で述べた。

他の紙製品も製造するOGホールディングスは、インドネシアやマレーシアを含む海外での乳児用おむつの生産と販売を「維持し、拡大する」と述べた。

2月の暫定データによると、日本の出生数は8年連続で減少し、2023年の出生数は5.1%減の75万8631人となった。 死者数は159万503人となった。

同国は労働力不足の深刻化に直面しており、岸田文雄首相は出生率の向上を図るため、家族への経済的支援、育児へのアクセスの容易化、育児休暇の拡大などの政策を約束した。

READ  東京のジュースの自動販売機が鉄槌を下す!? – SoraNews24 -日本のニュース-