2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭

小田原の築70年古民家をリノベーション

永民正治指揮 変化 70年前の和のスタイル 小田原では、 日本、峠の近くに位置し、田畑に囲まれています。 この物件は、その魅力と日本庭園の静けさに惹かれたカップルによって選ばれました。 しかし、日当たりの良い南側の和室に比べ、北側のリビング・ダイニングは薄暗く閉鎖的に感じられるのが課題でした。 この問題を解決するために、建築家たちは家の北西部分の一部を取り壊し、光と自然を取り入れる小さな中庭を作ることにしました。


和風門、全画像:長嶺正治

オープンでアクティブな生活空間づくり

この新たに誕生した中庭を望むダイニングルームとし、ダイニングルームと和室リビングの間仕切りをなくし、より開放的で広々とした空間となり、庭園を眺めることができるようになりました。 また、夫婦のロードバイクに対する情熱を考慮して、チームは 永民正治 伝統的な和室の 1 つは、畳の代わりに堅木張りの床を備えた自転車トレーニング ルームに改装されました。 中庭に隣接して自転車専用スペースも確保されており、運動とレジャーが調和して共存しています。 これらの変化は現在、夫婦の日課の一部となっており、リモートワークを終えた後は運動のために屋内で 1 時間自転車に乗るようになりました。

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭
日本庭園から南側外観を望む。

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭
伝統的な和室の 1 つを自転車トレーニング ルームに改装し、畳の代わりに堅木張りの床を使用しました。

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭
家の中心に静かな中庭を作り出します

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭
和室のリビングルームからのダイニングと中庭の眺め

小田原の築70年の日本家屋を照らす小さな中庭日本庭園を望むダイニングルーム

READ  国立競技場に行けるようになりました