6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

小川壮太はF地域日本もてぎで1勝したが2敗

小川壮太はF地域日本もてぎで1勝したが2敗

写真:FRJC

ツインリンクもてぎのフォーミュラ・リージョナル全日本選手権のグリッドには7台しかいなかったが、2台の新人が出場した。

ポイントリーダーの小川誠太選手はQ1でわずか0.097秒差で日本の次のステージ勝者としてデビューし、奥住慈英選手はバズレーシングからチームを移籍してバイオニックジャックレーシングの小川選手に加わって3位に入った。

トゥルーリはレースのスタート時にFRリージョナル車で初めて失速し、リアム・シーズを3位に押し上げた。 トゥルーリは結局、同じくデビュー戦のマイケル・セイターと4位争いをすることになったが、5周目にスケートを追い抜いて3位に戻った。

小川は16周中7周目までは数秒の差を付けていたが、その後の8周目で奥隅に大幅なタイムをロスした。 トップ3は接近したが、シッツがトゥルーリに迫り始めたため、11周目に小川が再び引き離した。

大きな変化は12周目に起こり、小川がグラベルに突っ込み、9位で左リタイアした。

奥住はリードし、プッシュすることを決意し、3.5秒のリードを築いた後、後退し、トゥルーリに2.42秒差をつけてフィニッシュした。 シャイツはさらに1.372秒戻って3位となり、ザウターが4位となった。

オクスミとシャイツは予選3位と4位となり、Q2では大川がトゥルーリに0.161秒差の2差でレースを制し、挽回のチャンスがあった。

トゥルーリは再びゆっくりとスタートを切ったが、小川はもう1回タイトルターンを獲得するためにインサイドヘディングシュートをカバーしなければならなかった。 1周終了時点で彼は1.157秒の差をつけていたが、トゥルーリは彼を引き離さなかった。

10周目までに彼は小川にプレッシャーをかけ、14周目までに彼のグラスは完全に満たされました。 しかし彼は最終ラップまで追い抜こうとしなかったが、そのとき小川が9位で大きく抜け出して合流した。 ターン10のヘアピンで両者は並走し、小川もディフェンスで続いたが、トゥルーリにはブレーキング中にまだ彼の内側に侵入する余地があった。

最終コーナーからチェッカーまで2人は並走を続け、0.01秒差の写真判定で小川選手が優勝した。 3位には奥隅選手が続いた。

Q2で2番目に良いタイムを記録したチームが三つ巴のレースを展開し、小川がトゥルーリを0.267秒上回ってゴールした。

トゥルーリが初めてリードを奪い、バトル満載のオープニングラップでシャイツはオクスミ、サッター、小川に先んじて2位となり、トゥルーリとのバトル中にポール上のグラベルに衝突して4位となった。

トップ5は並び、8周目までに小川が4位となった。 シーツは9周目からトゥルーリの外側からスタートした。 彼らは3コーナーで並走したが、そこでトゥルーリが先行していると主張した。

小川はターン11でオクスミをパスして3位となり、次の周にはシーツがトップとなって最終コーナーに進入した。 トゥルーリは初めて大川に抜かれ、トップ5を1.784秒差でカバーした。

その後、シーツと小川が逃げ切り、ザウターが3.083秒差で勝利した。

サッターは14周目のターン11でオクスミを抜き4位となり、ファイナルラップの最初の7コーナーをトゥルーリと並んで過ごした。 彼はしばらく亡くなりましたが、トゥルッリは9歳のときに戻ってきました。 最後は0.106秒の差がついた。

結果まとめ
レース1(16周)
1 奥住慈英 バイオニックジャックレーシング 29m52.911s
2 エンツォ トゥルーリ トム +2.420s
3 リアム・シーツ Sutekina Racing Team +3.792s
4 ミハエル・ザウター ステキナ・レーシング・チーム +10.464秒
5 近藤吉継 Rn-sports +37.631s
6 “ユウキ” ニルズ レーシング +47.642s
Ret 小川壮太 バイオニック・ジャック・レーシング
ポール:小川、1分49秒776
ファステストラップ:小川 1分50秒943

レース2(16周)
1 小川 29m57.814s
2 トゥルッリ +0.010 秒
3 奥住 +1.783s
4 スケート +23.377 秒
5 サター +34.576s
6 近藤 +42.742s
7「ユウキ」+4ラウンド
B: 小川、1分49秒132
フロリダ: トゥルッリ、1分51秒649

レース3(16周)
1 スケート 30 分 16.210 秒
2 小川 +3.083s
3 トゥルッリ +11.665秒
4 サター +11.771s
5 奥住 +12.272s
6 近藤 +37.860s
7「ユウキ」+4ラウンド
B: 小川、1分49秒927
フロリダ: シーツ、1分52秒004

チャンピオンシップステージ
1 小川 186.5 2 スケート 139.5 3 岩沢裕子 84.5 4 オクスミ77 5 澤 龍之介 58 6 柊裕哉 55歳 7 金丸祐 55 8 トゥルッリ 51 9 コンドミニアム 50 10 おしゃべり34

READ  投資家の反発と規制変更の力。 ケーススタディ: 日本