5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

小売売上高は2023年3月以来最大の減少幅を記録

小売売上高は2023年3月以来最大の減少幅を記録

1月の小売売上高はウォール街の予想を上回っており、回復力のある米国の消費者が勢いを失いつつあるのではないかという疑問が生じている。

小売売上高は0.8%減少 によると前月の1月 国勢調査局のデータ。 ブルームバーグのデータによると、エコノミストらは支出が0.2%減少すると予想していた。 12月の小売売上高はこれまで驚くべき0.6%増を記録していたが、木曜日の発表では0.4%増に下方修正された。

1月の前月比の減少幅は2023年3月以来の大きさとなった。

自動車とガソリンを除いた1月の売上高は予想の0.2%増に比べ0.5%減少した。

リリースで強調された13のカテゴリーのうち9カテゴリーでは、1カ月前から減少した。 建築資材や園芸用品が4.1%減と減少を主導し、雑貨小売店の売上高は3%減となった。

一方、家具やホームセンターの売上高は前月比1.5%増加し、上昇率を主導した。

1月のレポート 経済活動が急激に低下することなくインフレが連邦準備制度理事会の目標金利である2%まで低下する中、投資家は米経済の「軟着陸」の兆候を注意深く観察していると予想されていた。

キャピタル・エコノミクスの副チーフ米国エコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は顧客向けノートで「全体として、実質消費は1月に減少したようで、2月から3月にかけて回復することを考慮しても、第1四半期の成長率は急激に鈍化するだろう」と述べた。 。 。 「その結果、FRB当局者は経済の回復力が継続してインフレが再燃する可能性について、それほど長く心配する必要はないかもしれない。」

2018年12月8日、米国ペンシルベニア州キング・オブ・プルシアにある米国最大の小売店であるキング・オブ・プルシア・モールで、購入した商品の入った袋を運ぶ買い物客たち。ロイター/マーク・マケラ

2018年12月8日、米国ペンシルベニア州キング・オブ・プルシアにある米国最大の小売店であるキング・オブ・プルシア・モールで、購入した商品の入った袋を運ぶ買い物客たち。ロイター/マーク・マケラ (ロイター/ロイター)

Josh Schaeffer は Yahoo Finance の記者です。 Xで彼をフォローしてください @_joshschafer

株式市場の最新ニュースや株式変動イベントを含む詳細な分析については、ここをクリックしてください。

Yahoo Finance から最新の金融およびビジネス ニュースを読む

READ  今日の株式市場: ライブ更新