3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

富士通英国部門CEOが郵便局スキャンダルについて証言へ

富士通英国部門CEOが郵便局スキャンダルについて証言へ

経済


ロンドン、1月 11日(GGプレス)–富士通株式会社英国部門CEOのポール・パターソン氏は、英国の多数の郵便局管理者が関与した注目の事件で、火曜日の下院委員会で証言する予定である。 金を盗んだとして無実の罪で告発された。

この冤罪は、日本のテクノロジー企業が提供した会計システムの欠陥が原因で発生した。 パターソン氏は日本の親会社の経営幹部も務めています。

ビジネス・貿易委員会の会合には他の証人として、英国郵政公社のニック・リード最高経営責任者(CEO)、英国産業・市場・中小企業大臣のケビン・ホリンレーク氏、偽証罪で告発された元郵便局管理者らも出席した。 木曜日。

彼らは「英国史上最悪の誤判と呼ばれる事件の被害者への完全、公平かつ迅速な補償を確実にするために、さらに何ができるか」を問われるだろう。

この事件は1999年から2015年にかけて、富士通の会計システム「Horizo​​n」を導入した郵便局で、窓口の現金残高と会計記録に相違があったとして、郵便局の管理者ら700人以上が詐欺や横領の疑いで冤罪に問われた。 。 。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  「Feel-O-Meter」は、日本の研究グループが開発した触覚測定装置です。