2月 1, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

宇野昌磨が日本選手権で大差で5度目の全国制覇

この記事が最初に登場しました スポーツルックジャパンフォワードのスポーツ専門サイト。

世界チャンピオン 宇野昌磨 5度目の国内タイトルを難なく獲得 日本選手権 12 月 25 日日曜日の夜、大阪府門真市で、フリー スケートでの彼女の高いレベルでのパフォーマンスは標準以下でした。

25 歳の彼は、予定していた 5 回のジャンプのうち、クリーンな 4 回転ジャンプを 3 回しか着地できなかったにもかかわらず、40 点近く差をつけて勝利しました。

宇野の勝ち点は291.73点で、トレーニングパートナーから抜け出した 島田幸四郎彼は252.56ポイントで2位に終わった。 堂物一樹 彼は250.84で3位に終わった。

島田選手、友野選手ともに日本選手権で初のメダルを獲得。

佐藤駿 249.64で4位でした 山本創太ショートプログラム終了後の 3 位入賞者は 245.41 で 5 位に浮上しました。

広告

三浦香緒彼は 13 位の貧弱なショート プログラムから回復し、242.55 で 6 位に終わった。

最年少 森口純忠 241.63点で7位に終わった。

北京五輪銀メダリスト 柿山ゆまシーズン初出場の彼女は、237.83 で 8 位になりました。

全文を読む スポーツルックで。

著者: ジャック・ギャラガー

著者は、ベテランのスポーツ ジャーナリストであり、フィギュア スケートの世界有数の専門家の 1 人です。 著者ページでジャックが書いた記事やポッドキャストを見つけてください。 ここにTwitterで彼を見つけて @スポーツジャパン.

広告

READ  投資家がオミクロンの懸念を放棄するにつれて、世界の株式は上昇している