5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

嫌いな画家が描いたウィンストン・チャーチルの絵画がオークションに出品される

嫌いな画家が描いたウィンストン・チャーチルの絵画がオークションに出品される

ロンドン(AP通信)-英国指導者が嫌った作品の画家が描いたウィンストン・チャーチルの肖像画が火曜日、6月のオークションに先立ってチャーチルの生家で展示された。

モダニズム芸術家のグラハム・サザーランドによるこの絵は、チャーチルが嫌がって後に破壊された大きな肖像画の準備として描かれたもので、そのエピソードはテレビシリーズ「ザ・クラウン」で語られている。

現存するキャンバスに油彩を施した習作には、暗い背景に横顔のチャーチルの頭が描かれている。 6月6日にロンドンのサザビーズで50万─80万ポンド(62万2000─99万5000ドル)で落札される見通しだ。

サザーランドは、1954年にチャーチルの80歳の誕生日を記念して国会議事堂からチャーチルの肖像画を描くよう依頼された。その年、完全な肖像画が議会で公開され、チャーチルはそれを笑いながら「現代美術の好例」と評した。

チャーチルは、この絵を見て「半分知性があるように見えるが、実際はそうではない」と不満を述べたと言われている。 彼は自宅に引き渡されたが、その後行方不明となった。 数年後、チャーチル家はその破滅を明らかにした。

彼女の運命は、チャーチルの妻クレメンタインが絵が炎上するのを見た『ザ・クラウン』のエピソードで詩的な許可を得て再現された。

サザビーズ現代英国・アイルランド美術部門責任者のアンドレ・ズラティンガー氏は、現存する研究で「チャーチルはぼんやりとした思考の瞬間に捕らえられており、創作の裏話から、心から心配している人物の印象を与えている」と述べた。 。 彼の写真と一緒に。」

サザビーズは、ロンドンの北西60マイル(100キロメートル)に位置する田舎の宮殿ブレナム宮殿で、150年前にチャーチルが生まれた部屋内で写真を一般公開した。 訪問者は日曜日までそこで彼を見ることができる。 ニューヨークのサザビーズオフィスでは5月3日から16日まで、ロンドンでは5月25日から6月5日まで展示される。

READ  印象的なハリウッド俳優、スタジオとの更なる交渉の前に反対オファーを渡す