5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

妖怪ラーメンは、ロボットの日本でのリリースで最大の印刷機を魅了します

日本で最も忙しい駅の真ん中で、妖怪エクスプレスは日本で3週間で3番目のラマンロボットを発売しました。 新しい東京駅は、ロボットに搭載されている他の妖怪エクスプレスエンジンと統合されています 羽田空港にて そして芝浦駐車場。

このラマンマニアックな国での新しい食品ロボットのリリースがレーダーの下に滑り込むかもしれないと思うなら、あなたは間違っています。 昨日の記者会見には、妖怪の最新ロボットの発売と日本への参入について、70人以上の日本のメディアが出演しました。 その結果、全体で少なくとも12の記事とニュースレポートが作成されます。 ブロードキャスト印刷

妖怪への興味は理解できます。 結局のところ、日本は 自動販売機のメッカこれが、国のお気に入りの食べ物を90秒で調理する新しいロボットです。 数年後には、東京や他の日本の都市に妖怪マシンが散らばり、忙しくて地元のスラップショップに座れない人たちにホットボウルを提供するのを見るのは当然のことです。

ラマンの店主の中には、ラマンが作成しているロボットの登場に腹を立てている人もいれば、創設者を含め、それを素晴らしい新しい機会と見なしている人もいます。 日本で最も人気のあるラマンジョイントちょうど今。

「その場で温かいラーメンを自動販売機で炊く」 言った 一風堂会長兼創業者河原成美。 「わくわくしますね」

もちろん、川原にはワクワクする理由があります。 一風堂のとんこつラマンがまもなく妖怪のメニューに追加されます。

写真提供者:穂村仁

READ  「家族のように」:日本の仮想YouTubeはファンから何百万ドルも稼いでいます