7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

太陽から「人食い」CMEが噴出することで、北極と南極では数日間にわたって電波障害が続く可能性がある

太陽から「人食い」CMEが噴出することで、北極と南極では数日間にわたって電波障害が続く可能性がある

米国海洋大気局(NOAA)は火曜日、現在進行中の太陽嵐が地球の極地を襲い、数日間にわたって電波障害が発生する可能性があると発表した。 専門家らは、この衝突は「人食い」コロナ質量放出(CME)が太陽から地球に到達した際に起きたと述べている。

電波障害の可能性もその一部です ポーラーキャップ吸収、これは、高周波および高周波の電波が電離層に吸収される一方、低周波および超低周波の電波は通常よりも低い高度で反射されることです。 NOAAによると、この出来事は月曜夜東部時間午後9時15分頃から続いているという。

この現象は、コロナ質量放出 (CME) として知られる太陽から来る巨大なプラズマ雲と、強力な太陽フレア M5 によって引き起こされました。 これら 2 つの爆発は小規模な太陽放射嵐を引き起こし、高エネルギーの陽子を地球に送り込みました。

米国海洋大気局(NOAA)は火曜日、「PCA現象は極地周辺での高周波無線伝播を介した通信能力を妨げる可能性があり、数時間から数日間続く可能性がある」と述べた。 このイベントはおそらく 7 月 18 日まで、おそらく 7 月 19 日まで続くでしょう。

太陽放射嵐は、最大 S5 までのスケールで S1 と評価されています。これは、極で電波障害を引き起こす可能性がありますが、生物学的影響はなく、衛星の運用にも影響を与えないことを意味します。

NOAAの通知は当局の直後に行われた M5.7グローを発表 CME は太陽の同じ領域から噴火し、太陽が当たる側で電波暗さを引き起こす可能性のある中程度の太陽放射突風が衛星によって検出されました。

同庁は日曜、今週を通じて太陽フレアが予想されると発表した Xクラスのフレアの可能性 – 「サンバースト」と呼ばれる最も強力な噴火は月曜日と火曜日です。 しかし、太陽が現在誕生4年目にあることを考えると、CMEの「人食い人種」も近づいていると専門家は言う。 振り向く、つい数日前にもさらなるプラズマ爆発を目撃しました。

金曜日、太陽は小さな太陽フレアと太陽の表面での「暗黒噴火」を経験しました。 SpaceWeather.com それは「太陽の南半球から飛び去った」「暗いプラズマの霧」であると説明された。 1日後、2番目のより強力な輝きが太陽から噴出しました。

SpaceWeather.com によると、NOAA のモデルは、2 回目のフレアが基本的に最初のフレアを消費し、いわゆる「人食い CME」を形成すると予想されることを示しています。 米国海洋大気局(NOAA)は、イベントに参加する中学校機関は火曜日に到着する予定であると述べた。 低レベル磁気嵐 現在の太陽放射嵐の上では可能性があります。

小規模な磁気嵐オーロラ NOAAによると、ミシガン州とメイン州からも見える可能性があり、送電網や衛星の運用に軽度の影響が出る可能性があるという。

ノッティンガム・トレント大学の天文学教授ダニエル・ブラウン氏は言う。 ニューズウィーク CMEの強さは、地球が最終的にどれだけ強い磁気嵐に遭遇するかを決定します。

「放出される物質の量、その速度、それに関連する磁場、さらに太陽からすでに放出されている他の粒子とどのように相互作用するかなどをすべて総合すると、地球の磁場が太陽を通過するまで太陽から外側に移動するでこぼこした環境が形成されます。ブラウン氏は、「相互作用がより強まり、強い磁気嵐が発生する可能性が高まっている」と述べた。

READ  墜落したロシアの宇宙船ルナ25号が月に新たな穴を開ける様子を観察する