9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大阪病院がCOVIDを受け入れる-19人の患者が日本で最初に破産する

このファイル写真は帝国データバンク株式会社が撮影したものです。 (毎日)

ここの医療会社は、資金の壊滅的な減少の要因として大阪-Govt-19患者の登録を引用して破産を申請しました。

大阪に本拠を置く医師会のユバイカイは、8月26日に大阪地方裁判所に民事訴訟を起こした。 調査会社ディエゴデータバンクの大阪支社によると、コロナウイルスの患者を認めた日本初の医療会社が倒産する可能性があるという。

湯愛会は大阪府福島区で松本病院を運営しており、軽度から中等度の症状のCOVID-19患者を受け入れています。 新たな病棟を追加するための以前の投資の結果としての資産不足に加えて、病院は、入院患者とスタッフの間で感染が確認されたため、2020年12月に外来患者の減少を見ました。 199床の一部が割り当てられたため、外来患者の数はさらに少なくなりました。 同社は、金融危機は、軽度から中等度の症状を伴うコロナウイルスの患者に対する大阪州政府の要請によるものであると述べた。 湯愛会は52億円(約4,734万ドル)の借金がある。

大阪府保健医療企画部のスポークスマンは、「倒産の話を最初に聞いた。病院にベッドの確保を強要せず、支援策を講じた」と述べた。

(大阪科学環境部ニュース、田田田博樹オリジナル)

READ  日本人の友人がミャンマーで映画製作者の釈放を求める