7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大阪メトロが新しい「シャトル」デザイントレインを発表

大阪地下鉄への新たな希望。

最近すべてが起こっているとき、あなたはそれを覚えていないことを許されます 大阪が主催する 2025年の万国博覧会。 これは絶対的なイベントになることを約束します バーチャルポケモントラベルガイド、今、私たちは得るようです シャトル列車 平!

吹き替え」400シリーズ、」これらの列車セットは、宇宙船のように意図的に設計された完全に変更された顔をしています。 彼らは特定のインスピレーションの源を引用していませんが、それは確かにミレニアムファルコンまたはTIEファイターのコックピットに似ているようです。

この車両の将来の唯一のことは見た目ではありません。 すべての車両にWiFiが装備され、主要な車には充電装置用のコンセントがあります。 安全対策としてライブ防犯カメラも設置します 人々は何年もの間呼び続けてきました

また、 紙の広告をぶら下げ いくつかの列車の内部全体を入浴させることはそれを過去のものにするでしょう。 代わりに、4つの言語で情報と広告を提供するデュアルLCDパネルが設置されます。

未来については言及していませんが、もう1つの革命は、前後を向いた「クロススペース」の追加です。 現在、大阪メトロの標準列車は、車のサイドベンチシートのみを使用しています。

▼映画の視点が少し歪んでいて、乗客が自分のラウンジャーを手に入れることはないと確信しています

もちろん、いくつかの大きな変更が計画されていますが、日本の人々はこれらの新しい車についてどう思いますか? いくつかのオンラインコメントを通して調べてください。

「それは宇宙服のヘルメットのように見えます。 涼しい。 “
「スターウォーズの雰囲気があります。」
「おもちゃのようだ」
「彼らがそのような未来的なデザインで行ってくれてうれしいです。」
「私はクロスシートなしで行うことができます。」
「正面がすごい!」
「大胆なデザインですが、気に入っています。」
「地下鉄ではいいと思いますが、地上の路線では変だと思います。」

「おもちゃ」のコンセプトのおもちゃに対する本人の気持ちにもよりますが、答えは非常にポジティブなようです。

そこで、大阪メトロがこれらの新車をトンネルシステムに導入する準備をしているので、人工島のエキスポ25アリーナで運行される中央線で始まります。 夢洲これは12年ぶりの車の再設計です、現在の30000系を置き換えます。

▼30000系電車

最初の列車は2023年4月に線路に到着する予定です。 大阪メトロの川井秀樹会長は、「新列車は大阪の顔になるだろう。 博覧会の成功にできる限り貢献したいと思っています。」

大阪の新人と一緒に行くのは間違いなく楽しみです 私たちの巨大な拳

私たちは、2025年までにひどい機械を作るのに十分な部品を持っていることを望んでいます。

ソース: 大阪メトロチャンギニュース羽島喜子
写真:大阪メトロ
SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  この気の利いた日本のガジェットでシャワーをバスルームに変えて時間と水を節約しましょう