5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大坂「また来れて嬉しい」

大坂「また来れて嬉しい」

大坂はビリー・ジーン・キング・カップで日本代表として出場した7試合中5試合(すべてシングルス)で勝利しているが、プティンツェワは彼女が以前にも苦戦したことのある相手だ。 両者はWTAツアーで4回対戦しており、プティンツェワが3回勝っている。

彼女としては、プティンツェワが今週末の3試合に勝てば、カザフスタン選手によるビリー・ジーン・キング・カップ・トーナメント最多勝利リストでヤロスラヴァ・シュベドワと並んで2位となる。

29歳の彼はすでにこの大会で20勝以上を記録した3人のカザフスタン選手のうちの1人であり、25回以上のタイトルを争うカザフスタン選手の3人のうちの1人となっている。 つまり、大坂にとってビリー・ジーン・キング・カップでの活躍は簡単な逆転ではないだろう。

「私はいつでも1位、2位、3位になる準備ができている。重要なことはチームに勝利をもたらすことだ」とプーチンセワは語った。 「我々にはパフォーマンスを成功させる絶好のチャンスがあり、それを掴まなければならない。

「私はナオミと何度もプレーしており、彼女に対してどのようにプレーするかを知っています。コーチと一緒に、彼女が最近の試合で見せたプレーをさらに分析していきます。

大阪対プティンツェワの戦いは、ビリー・ジーン・キング・カップで唯一のシングルス2試合で負けた日比野奈緒とアンナ・ダニリナのオープニングシングルス対決に続いて行われた唯一のイベントではない(いずれも2023年の決勝戦)。

カザフスタンは絶好調で3度目の決勝進出を果たしている。 最近では、彼らは常に道を見つけ、かつては世界No.1だった。 3はエリナ・リバキナ不在でも十分に競争力があるだろう。

試合2日目には日比野がプティンツェワと対戦し、その後大坂がコートに戻ってダニリナと対戦する。 これらすべてはダブルスに先立ち、ホーム優勝候補の芝原恵那と青山修子がジベク・クランバエワとダニリナと対戦する。

芝原はビリー・ジーン・キング・カップのダブルス戦8戦無敗で、パートナーの青山は現在大会で13連勝中である。 彼の最後の敗北は2017年だった。

ビリー・ジーン・キング・カップ予選の勝者は全員、11 月の決勝戦への出場権を獲得します。 敗者は同じ月にプレーオフに出場します。

READ  渥美と酒井が欧州展開でブリュッセルに進出