10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

夜の緑の空:島奄美からの魔法の贈り物

日本コミュニティガイド



8月26日午後6時50分、鹿児島県奄美のナジェから見た西の地平線に緑色のライトが現れます。 (Os Yoshiyuki Hidekazu)

8月26日、鹿児島県奄美市西部でグリーンフラッシュという珍しい気象イベントが発生しました。 奄美ナチス地区。 緑の輝きを見ると幸運が訪れるということわざがあります。 彼は、並外れたビジョンを共有することにより、現在エピデミックに悩まされている世界に幸せをもたらしたいと考えていました。

日光や日没の周りのさまざまな条件の組み合わせにより、太陽の端が緑色に見えるのは自然現象です。 これは、風が澄んでいて、低い地平線が雲に覆われていない日に限定されます。 フラッシュショットは予測不可能で、通常は数秒しか続かないため、とらえどころのないものです。

ヨシユキは、グリーンフラッシュを追いかけ、その画像を撮りたいと思っている多くの写真家の一人です。 今年はコンディションが良くなかったので写真を撮るのに苦労しました。 しかし、8月末に突然チャンスが訪れ、家に帰ると雲と地平線の間に小さな開口部が見えました。

興奮して、彼は研究室に急いで行き、太陽が沈むのを待ちました。 彼が予想したように、午後6時50分に彼の目の前に美しい緑の輝きが現れました。

今年の最初の成功ショットに満足を表明する彼の顔は喜びに満ちている。「私の幸せをできるだけ多くの人と共有したい。それがあなたを幸せにしてくれることを願っている」。

(もともと日本語で出版された 2021年8月29日のKyōdoshi.com。 リッツメイケン大学でのインターンシッププログラムの一環として、山本理子が翻訳・編集 日本.com。)

http://kyodoshi.com/

Nankai Nichinichi/Kyōdoshi Conference. All rights reserved.]

写真撮影
鹿児島
京都市

READ  日本が東京でGovt-19緊急事態を延長する