5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

外国の自動車メーカーは、日本での電気自動車の機会を検討しています

トヨタは2030年までに8兆円(690億ドル)の電化を行っており、それまでに世界で約350万台のバッテリーEVを販売する見込みです。 これは、トヨタの現在の年間自動車販売台数の約3分の1に相当します。

9月、阿部鳴海は日本ではさらに珍しいことをしました。彼は外国車を購入し、プジョーの運賃の間をもっと長く移動できると言ったので、ホンダeと一緒にプジョーe-208を選びました。 安倍首相は、外国の二次電池式電気自動車(EV)のホームブランドを避けている、小さいながらも成長している日本のドライバーのグループに加わっています。 この傾向が全体の売上に大きな影響を与える可能性は低いですが、多くの国内自動車メーカーがバッテリーEVをゆっくりと採用し、ハイブリッド、水素燃料電池、内燃機関の代替燃料に焦点を当てているという考えを浮き彫りにしています。

東京で農産物を販売する会社を経営している30歳の女性は、「環境にやさしいものを買いたかった。

トヨタは2030年までに8兆円(690億ドル)の電化を行っており、それまでに世界で約350万台のバッテリーEVを販売する見込みです。 これは、トヨタの現在の年間自動車販売台数の約3分の1に相当します。

ドイツのフォルクスワーゲンAGは、その車の半分がバッテリーEVになると予測しています。

日本で年間販売される500万台の自動車の9割は、トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車などの国内企業からのものです。

しかし、小型軽自動車を含む日本の自動車販売全体は昨年3.2%減少し、海外モデルの販売は1.7%増加した。 日本自動車輸入業者協会によると、バッテリーEVの輸入は3倍近くになり、過去最高の8,610台になりました。

アナリストは、それらの半分がテスラ社の車であると推定しています。 ヨーロッパ最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、日本でバッテリーEVがオープンした数少ない外国メーカーの1つです。

カントリーマネージャーのマティアス・シェパーズ氏は1月の記者会見で、2024年までにこのようなモデルを日本で12台販売する予定である。

バッテリーEVは、2025年までに日本のアウディ販売の3分の1、つまり約10,000台を占めると予想されていると彼は語った。 VW Groupは、今年末までに自社のショールームに250台の急速充電器を設置するように拡大する予定です。

安倍が買収したプジョーブランドのオーナーであるステランティスは、今年、2つの新モデルを発売し、日本での販売範囲を拡大しています。

韓国の現代自動車も加わり、今月は売り上げが低迷して日本を離れ、12年ぶりに帰国すると発表した。 日本のドライバーは、5月からNexoSUV水素燃料電池EVとIoniq5ミッドレンジクロスオーバーバッテリーEVを注文できるようになります。

このシステムが成功する可能性を高めるために、韓国の会社は、オンラインソーシャルゲーム会社のDeNACoと保険会社のSompoHoldingsが運営するカーシェアリングサービスと提携しています。

コメントコメント

(このストーリーはNDTVスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に作成されました。)

最新 自動メッセージングレビューcarandbike.comでフォローする ツイッターフェイスブックそして私たちのチームに登録する ウェブライト チャネル。

READ  日本の個人株主の増加