9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

外向的な日銀の役人は、日本にはデフレを終わらせる「一生に一度」のチャンスがあると言います

日本は、世界的なインフレ圧力からのデフレ戦争を終わらせるために「一生に一度の機会」をつかむために、大胆な金融および財政刺激策を必要としている、と最近日本銀行を去った日銀の理事会メンバーは述べた。

日銀はここ数カ月、再評価を求める市場の圧力にさらされている その非常に簡単な金融政策 世界中の中央銀行は、食品や商品の価格上昇を抑えるために利上げを急いでいます。 今年初めの世界的な利回りの乖離により、円は米ドルに対して 24 年ぶりの安値となり、日本の金利は依然としてマイナス 0.1% でした。

しかし、カドカ・コウシは攻撃的なレプリカントです 日銀 先月、PwC Consulting の日本担当チーフ エコノミストに任命された Bord 氏は、2% のインフレ目標を達成し、維持しようとする中央銀行の取り組みを弱体化させようとする試みは、アジア最大の先進国経済に悲惨な結果をもたらすだろうと警告した。

日本1990 年にバブル経済が崩壊したとき、同国は低成長と停滞または衰退の悪循環に陥り、需要が不足し続けました。

円安 また、原油価格の上昇により、最近の日本のインフレ率は 2.5% に押し上げられました。 しかし、不安定なコモディティ価格を除けば、コアインフレは依然として弱く、インフレから賃金上昇へのシフトは見られません。

片岡氏は、日銀の理事会を離れてから初めてのインタビューで、「日本は、政府と日銀の両方が大胆な措置を講じれば、物価の傾向が劇的に変化する重要な岐路に立っている」と述べた。 「これは日銀にとって一生に一度のチャンスだ」

片岡剛志氏は、2%のインフレ目標を達成しようとする日銀の努力を弱めようとする試みは、日本経済に深刻な影響を与えるだろうと語った © Issei Kato/Reuters

ヘッジファンドながら 累積ショートポジション 6 月の日本国債では、日銀は、イールドカーブ制限として知られる 10 年債利回りをほぼゼロに制限するために、債券購入を大幅に増やすことを余儀なくされました。 円高により、米国の景気後退懸念への圧力が緩和されました。

一部の批評家は、日銀が金融セクターの歪みに対処するために利回り曲線を拡大することを求めていますが、片岡氏は、世界的な金利が上昇しているときに債券利回りをゼロに固定することが緩和効果を高める鍵であると述べました。

しかし、彼は日銀ができることの限界を認め、政府はより大胆な減税を提供することで企業に賃金を上げるよう奨励すべきだと述べた. 岸田文雄首相の政権には「切迫感が著しく欠如している」と彼は述べた。

彼は、円安と輸入品の価格上昇の影響を相殺するために、企業と家計が減税などの追加の景気刺激策を必要としていると指摘した。

片岡氏は 2017 年に日銀の政策委員会に参加して以来、一貫して日銀の金融政策決定に反対票を投じてきました。 グループ内の唯一の反対者として、日銀はインフレ目標を達成するためのより確固たるコミットメントを求めてきました。

片岡氏の後任には、日銀の緩和政策の悪影響について声高に主張し、2% のインフレ目標の実行可能性に懐疑的なエコノミストの高田肇氏が就任した。

この任命は、4月に日銀の黒田東彦総裁の任期が終了する際に、岸田政権が後継者を選ぶ前触れとして注目された。

「名目上だけインフレを目標とする動きがあるのではないかという懸念があります。 日銀がこれまでに成し遂げてきた遺産を破壊するだろう」とカトカ氏は語った。

「重要な問題は、新総裁が世論や他の場所からの批判を克服して、インフレ期待を2%に維持するという黒田の遺産を維持し、改善するという重要な任務を遂行できるかどうかだ」と彼は付け加えた.

READ  日本のコンビニエンスストアが東京オリンピックの記者にアイスクリームゴールドを獲得