6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

地震で北中部の家屋5棟が倒壊、1月の壊滅的な地震で被害

地震で北中部の家屋5棟が倒壊、1月の壊滅的な地震で被害

東京(AP通信)-日本の北中部の石川県は月曜未明に別の地震に見舞われ、今もその惨状に動揺している。 強力な地震 1月1日の揺れでは大きな被害はありませんでした。

気象庁によると、マグニチュード4.8の地震が続いた数分後に能登半島北端でマグニチュード5.9の地震が発生し、その後2時間以内に小規模な地震が数回続いた。 津波はありません。

石川県によると、1月1日の地震で輪島市では住宅5棟が倒壊したが、大きな被害や人的被害は報告されていない。 震源地から南西約100キロの津幡市で地震警報が発令され、60代の住民がベッドから転落したが、命に別状はなかったと県当局者が発表した。

気象庁地震津波担当官の原田聡氏は、月曜日の地震は余震であると考えられると述べた。 マグニチュード7.6の地震 1月 1. 地震活動は若干弱まったが、原田氏は人々に、特に以前に被害を受けた建物の近くでは注意するよう呼び掛けた。

JR西日本によると、安全点検のため新幹線などの運行が一時停止されたが、ほとんどの列車が再開した。

原子力規制委員会は、近くにある2つの原子力発電所に異常はなかったと発表した。 それらの中の一つ、 滋賀工場 能登半島は軽度の被害を受けたが、2基の原子炉の冷却運転には影響はなかったと当局者らは述べた。

北陸電力によると、停電はなかったという。

大晦日は、依然として地震の被害に動揺する住民にとって激動の日となった。 NHK公共テレビは、さらなる被害を確認するために多くの人々が家や仮設避難所から出てくる様子を映した。

林芳正官房長官は「避難所で生活している多くの人が恐怖を感じているはずだ」と述べ、揺れの強い地域での落石や土砂災害への警戒を呼び掛けた。

半島の山間部では復興が遅れており、被害を受けた家屋の多くが手付かずのまま残っている。

最も被害が大きかった地域の一つである輪島市では、月曜日に最初の地震が発生したとき、旅館の主人がすぐに受付エリアの机の下に潜り込んだとNHKに語った。 地面に落ちたり壊れたりするものはありませんでしたが、それは彼に1月の地震を思い出させ、5か月後にもそのような大地震が発生したのではないかと心配しました。

1月1日の地震で260人が死亡し、その中にはストレスや病気、その他地震に関連した原因で死亡した人も含まれており、残り3人が今も行方不明であるとFDMAは発表した。 被害は今も続いており、3300人以上の住民が避難している。

READ  Coghlan: 日本はアイルランドが実験する機会です