5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国際原子力機関長官、ザポリージャ原子力発電所への攻撃は事故の危険性を大幅に高めると発言

国際原子力機関長官、ザポリージャ原子力発電所への攻撃は事故の危険性を大幅に高めると発言

キエフ、ウクライナ(AP通信)-国連国際原子力機関長官は日曜日、ウクライナにあるロシア管理下のザポリージャ原子力発電所の6基の原子炉のうち1基に対するウクライナのドローン空爆を非難し、このような攻撃は「…大幅に増加している」と述べた。核災害のリスクを軽減します。」 「大規模な原発事故」

ソーシャルメディアプラットフォームXでの声明の中で、 ラファエル・マリアーノ・グロッシ ZNPP主炉の格納構造物に対する少なくとも3回の直撃が確認された。 「そんなことはあり得ない」と彼は言った。

同氏は、この種の攻撃は、放射能の影響を伴う深刻な原発事故を回避するための5つの基本原則を特定した2022年11月以来初めてだと述べた。

発電所関係者らによると、日曜日には同発電所の第6出力装置のドームへの攻撃など、ウクライナ軍の無人機による攻撃があった。

発電所当局によると、重大な被害や負傷はなく、ストライキ後の発電所の放射線量は正常だったという。 しかし、日曜日遅く、ロシア国営原子力機関ロスアトムは、「前例のない一連のドローン攻撃」、具体的には現場の食堂近くの地域にドローンが衝突し、3人が負傷したと発表した。

国際原子力機関は日曜日、専門家らは無人機攻撃について知らされており、「このような爆発はIAEAの観測と一致する」と述べた。

国際原子力機関は別の声明で、6基の原子炉のうち1基を含む同発電所に対するドローン攻撃の物理的影響を認めた。 彼女は、1人の感染が報告されていると付け加えた。

さらに、「6号機の損傷は原子力の安全性を脅かすものではなかったが、これは原子炉格納容器システムの安全性を損なう重大な事故だ」と付け加えた。

発電所はモスクワ以来集中砲火にさらされている ウクライナに軍隊を派遣 2022 年に設立され、その直後に施設を引き継ぎました。 国際原子力機関は、核災害の可能性が懸念される中、欧州最大の原子力発電所について繰り返し懸念を表明してきた。 ウクライナとロシアは、前線に近い工場を攻撃したとして定期的に非難を交わしていた。

同原発の6基の原子炉は数カ月にわたって停止されているが、重要な冷却システムやその他の安全機能を操作するには依然として電力と有資格者が必要だ。

地方知事のイワン・フェドロフ氏は、日曜日にも、ウクライナの一部占領下にあるザポリージャ南東部の最前線の町ホーリョポリで、ロシアの砲弾が自宅に命中し、3人が死亡したと述べた。 日曜日遅く、フリアプールでの別の爆破事件で2人が負傷した。

これとは別に、ウクライナ北東部のハリコフ地域でロシアによる爆撃があり、同地域のオレハ・シニョポフ知事によると、3人が負傷した。

ロシアでは、ウクライナの無人機からの破片が家族6人を乗せた車に落下し、少女1人が死亡、他の4人が負傷した。 ロシア、ベルゴロド地方 ウクライナとの国境について、ヴャチェスラフ・グラドコフ地方知事は語った。

READ  カナダ、「破壊的な」中国に焦点を当てた新しいインド太平洋戦略を開始