2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国防総省、イランの無人機「攻撃」でインド付近のケミカルタンカーCHEM PLUTOに命中したと発表

国防総省、イランの無人機「攻撃」でインド付近のケミカルタンカーCHEM PLUTOに命中したと発表

ニュース

米国防総省は、土曜日早朝、イランから発射された無人機がインド洋でケミカルタンカーに衝突したと発表した。

「リベリア船籍、日本所有、オランダ運航のケミカルタンカーCHEM PLUTOが、現地時間の本日午前10時(グリニッジ標準時午前6時)ごろ、インド沖200海里のインド洋で攻撃された。」国防総省報道官はロイターに対し「イランから発射された一方向攻撃無人機によるものだ」と語った。

この事件は、10月7日のハマスのイスラエル攻撃以降、地域の緊張が高まり、航路を脅かす新たなリスクを浮き彫りにしている。

イラン政府とイエメンの同盟国軍は、ガザでのイスラエル政府の軍事作戦を公に批判している。

国防総省は無人機がイランから発射されたことを確認した。 ロイター

援助監視員らによると、現在進行中の紛争で数千人のパレスチナ国民が死亡した。

国防総省の声明は、これが「2021年以来、商業船舶に対するイランによる7回目の攻撃」であると述べた。

攻撃による死傷者は出ず、タンカー船内の火災は短時間で鎮火した。

事故はインドの海岸からわずか200海里で発生した。

イラン国連代表団の報道官はコメント要請に応じなかった。

もっと読み込む…




https://nypost.com/2023/12/24/news/pentagon-says-iranian-drone-attach-hit-chemical-tanker-chem-pluto-near-india/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium=site%20buttons&utm_campaign=site 20% ボタン

共有URLをコピーする

READ  ウクライナのゼレンスキー大統領が国連総会で演説