6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国連は、援助物資の略奪の後、スーダンの戦争中の将軍に圧力をかけます

国連は、援助物資の略奪の後、スーダンの戦争中の将軍に圧力をかけます

  • 国連援助当局者はスーダン派閥との個人的な会合を求めている
  • 国連は人道支援物資を積んだトラック6台分が略奪されたと発表
  • 将軍間の休戦にもかかわらず、戦闘は続いている

[ハルツーム 28日 ロイター] – スーダンでトラック6台が略奪され、空爆により停戦が危うくなったことを受け、国連は水曜日、スーダンの戦闘勢力に対し、人道支援物資の安全な通過を確保するよう圧力をかけた。

国連援助事務総長のマーティン・グリフィス氏は、救援物資を届けるための援助船団の保証を確保するために、2、3日以内にスーダンで紛争当事者と直接会談することを望んでいると述べた。

グリフィス氏は、大規模な救援活動を計画する目的でポートスーダンを訪問した後、サウジアラビアのジッダからロイター通信に電話インタビューで、会議は首都のハルツーム、または別の場所で行われる可能性があると語った。

「この件について話し合うために実際に会って顔を合わせることは、私にとって重要です。なぜなら、それが公の場であり、説明責任のある瞬間である必要があるからです」と彼は言いました。

国連は、4 月 15 日に勃発した軍と民兵組織の緊急支援部隊との間の戦闘は、他国に波及する可能性のある人道的大惨事を脅かすものであると警告しています。 スーダンは火曜日、これまでに紛争で550人が死亡し、4,926人が負傷したと述べた。

木曜日からさらに7日間、不安定で壊れた休戦の連鎖を延長することに双方が合意したにもかかわらず、水曜日にハルツームと近隣の都市であるオムドゥルマンとバーリで空爆が聞こえた。

ハルツームでは、何百万人もの人々が、空爆や重砲を使用する軍隊と、住宅地に駐留する緊急支援部隊との間の戦争から身を守ろうとしていました。

ほとんどの病院は閉鎖され、食料と燃料の供給が減少したため、多くの地域で電気と水が利用できなくなりました。

和平交渉のための国際調停者からの圧力を受けて、スーダン軍は、南スーダン、ケニア、ジブチの指導者と会談するために特使を派遣すると述べた。

4,600 万人の人口を抱えるこの国では、援助が停滞しており、その 3 分の 1 はすでに救援援助に頼っています。

以前、グリフィス氏は国連世界食糧計画から、ダルフール西部地域に向かう6台のトラックが、安全と治安が確保されているにもかかわらず、途中で略奪されたと聞かされたと述べた。

グリフィスはロイター通信とのインタビューで、水曜日に陸軍長官のアブデル・ファッタ・アル・バーハンと緊急支援部隊の司令官であるヘメドティとして知られるモハメド・ハムダン・ダガロと電話で話し、必要があることを伝えたと語った。援助回廊および特定の航空輸送用。

「彼らからのコミットメントに関して必要なものという点で、運用上の要件は非常に明確です」と彼は言いました。

圧力将軍、国連は言う

ナイロビでは、アントニオ・グテーレス国連事務総長が、国際社会は両首脳に状況が受け入れられないことを伝えなければならないと述べた。 彼は、両首脳は、戦闘を止め、対話を開始し、文民政府への移行を許可する圧力に直面しなければならないと述べた。

Al-Burhan の特使である Daffallah Al-Hajj は、カイロで、軍は会談を受け入れたが、RSF との直接の話し合いはなく、コミュニケーションは仲介者を通じて行われるだろうと述べた。

南スーダンは、双方が停戦に同意し、代表者を会談に派遣することに合意したと述べた。 ヘメドティ氏は水曜日のツイートで、「安全な通路を開いて確保する」ことに専念していると述べた。 その後、国境なき記者団はFacebookの投稿で、その軍隊は「ハルツームの3つの都市の90%を依然として支配している」と主張し、「宣言された人道的停戦への完全なコミットメント」を確認した.

国連によると、約 10 万人が食料や水をほとんど持たずにスーダンから近隣諸国に逃れています。

紛争はダルフールにも波及し、20 年にわたる戦争で政府軍と共に反乱軍を鎮圧するために戦った部族民兵組織から RSF が誕生しました。

軍と迅速支援部隊は 2 年前のクーデターで力を合わせ、国際的に支持された自由選挙と文民政府への移行において権力を共有しました。

マイケル・ジョージーによって書かれました。 編集サイモン・キャメロン・ムーア

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  シュルツ氏、マクロン氏、トゥスク氏がベルリンで会談、ウクライナを巡る意見の相違について協議 - ポリティコ