5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国立競技場に行けるようになりました

観客なしで開催された東京オリンピックが、2024年の大会を主催するパリに引き渡されてから約8ヶ月が経ちました。 ついに、訪問者は入場できるようになりました 国立競技場

これは、新しい 旅行、隈研吾が設計した明治神宮のオリンピックスタジアムのインテリアをご覧いただけます。 面積20万平方メートルの巨大なスタジアムに足を踏み入れ、イベント中とイベント後にアスリートがどこで時間を過ごしたかを確認し、東京オリンピックの伝統のいくつかを詳しく見ることができます。

このツアーで私たちが望んでいるのは、あなたが自分のペースと余暇で自由に歩き回ることができるようになることです。 ジェスチャーは日本語と英語で、ご不明な点がございましたらアシスタントが常駐します。

写真:豊島キサ

スタジアムツアー 見せて伝えるだけでなく、空間を楽しんだり、スタジアムでアスリートになった気分を味わったりするためのアクティビティもあります。 ブリーチャーズから施設に入った後、パラリンピックステージでポーズをとる前に、トラックに沿って散歩し、バリアを飛び越えるジャンプを撮影します。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

オリンピックで優勝したときと同じように、ビデオカメラのレンズにサインを記録することもできます。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

フラッシュインタビューゾーンは、1階の地面の隣にあります。 その名前が示すように、このサイトはアスリートのイベントの前後のメディアインタビューに使用されました。 ここには、日本人アーティストBisenIoakiが書いた「Tokyo、Japan」と「NationalStadium」というフレーズがあります。

国立競技場ツアー
写真:Yuga Nagas

フラッシュインタビューゾーンには、東京2020のジェスチャーやポスターで飾られた写真スペースがたくさんあります。 日本の47の州すべてで飛んできたオリンピックのトーチを詳しく見ることができます。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

面接場所からは、オリンピック期間中にアスリートと直接仕事をする人だけがアクセスできる更衣室に入ります。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

駐車場には約300人のオリンピック選手のサインが飾られた壁があります。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

1階に着いたら、2階に上がり、オリンピックスタジアムの息を呑むような景色を眺めることができます。 地面と上からの観覧席に目を向けると、ここのスタジアムの大きさと壮大さを感じることができます。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

休憩が必要です? サッカー、ラグビー、陸上競技の試合中に使用される選手のベンチに気軽に立ち寄ってください。

国立競技場ツアー
写真:豊島キサ

この受話器の一部である機能は、控えめに言っても、非常に洗練されています。 日系カナダ人デザイナーの佐藤沖によってデザインされた美しいインスタレーションは、日本で最も愛されているシンボルの1つである開花桜を表しています。 スタジアムが再建されたときに一時的に移転された1964年の東京オリンピックのトロフィーは、2020年の大会からの新しいライバルの周りに適切な場所を復元し、現在は現場に戻っています。

無料で簡単な国立競技場ツアーは、2024年3月まで毎日午前11時から午後6時まで開催されます。 入場料はお一人様1,400円(高校生・中学生は800円)。 その月のチケットは月の半ばから入手可能で、あなたはそれを作成することができます リアリズム 事前予約。

その他のニュース

これで、日本で本物のトーマス・ザ・タンク・エンジンの列車に乗ることができます

山梨のキース・ヘリング美術館が記念日を迎えます

この東京のホテルのロビーには新幹線シミュレーターが設置されています

これらは日本で最も人気のある30のビールです-ランキングで

スカイツリーの近くに世界最大の回転寿司レストランがオープン

東京の寒さを最初に知りたいですか? ニュースレターに登録する 東京と日本からの最新情報。

READ  AjiteshChanduは69ランで日本で11位に終わった