11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国土省は何年にもわたって建設注文に関するデータを誇張しており、日本のGDPを押し上げています

連邦政府は、長年にわたって業界から受け取った建設注文に関するデータを誇張しており、それは国の経済成長の数字を後押しする効果があった可能性がある、と朝日は水曜日に毎日報告した。

国土交通省からの多くの情報源を引用して、同省は、2013年以来12,000の選ばれた企業から毎月受け取ったデータを「書き直し」ていると述べた。

水曜日の衆議院予算委員会の会期で、岸田文雄首相は、同省がデータを改訂したことを認めた。

「非常に悲しいことです。なぜそれが起こったのか、そしてそれが再び起こらないようにする方法を理解する必要があります。それは不可欠です」と岸田氏は語った。

朝日氏は、政府がデータの書き換えを開始した理由は、同省の調査部門の関係者を引用して、当時は明らかではなかったと述べた。

この調査では、2020会計年度に合計80兆件の公共および民間の建設注文をまとめ、それを使用してGDPを計算していると調査は述べています。

報告書は、GDPの数値がどの程度影響を受けたかについては述べていません。

調査のために、省は地方自治体を通じて建設会社からの毎月の注文に関するデータを収集します。

朝日氏によると、注文データの提出が遅れている企業は、一度に数か月分の数字を送信するという。 このような場合、省は地方自治体に対し、連結月の注文を最新の単一月番号に書き換えるように指示します。 同時に、建設会社が先月の注文をすぐに報告しなかった場合、同省は業界で登録された平均注文数を受け取ったとみなし、それを建設注文データに追加するという規則がありました。 、データが重複しているので、朝日は報告します。

違法であるデータの書き換えは3月まで続いたと朝日氏は語った。

この啓示は岸田政権にとっての最新の打撃であり、岸田政権は小さな子供がいる家に現金マニュアルをよりよく配布する方法に紆余曲折に直面している。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  Nuroがセブン-イレブンのセキュリティドライバーによるカリフォルニアの自律配送サービスを導入