6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国債利回り上昇に伴い日本の日経平均株価は上昇幅を縮小

国債利回り上昇に伴い日本の日経平均株価は上昇幅を縮小

[東京 29日 ロイター] – 水曜日の日本の日経平均株価は、投資家が日本国債(JGB)収益への影響を懸念して成長株を売却したため、序盤の値上がりを消した。

日経平均株価は、エヌビディアの上昇に牽引された米国のチップ関連株の好調を受けて0.7%も上昇した後、深夜休憩時点で0.17%下落し、38,789.52となった。

より広範なトピックは0.27%下落して2,761.05となった。

岩井コスモ証券の投資調査部長、有沢祥一氏は「国債利回りの上昇を受けて市場が神経質になった。これは大型グロース株にとっては上材料だ」と述べた。

「国内株の上昇は国債利回りの上昇で帳消しになった」。

高利回りの伸びは株式に影響を及ぼす可能性があり、株式の魅力は将来のキャッシュフローにある。

グロース株のTOPIX指数は0.49%下落し、バリュー株指数は0.07%下落した。

日銀の政策引き締めが差し迫っているという課題が高まるなか、日本の10年債利回りは取引序盤に12年ぶりの高水準となる1.065%を記録した。

半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンは0.11%下落した。 エアコンメーカーのダイキン工業は2.17%下落した。 ユニクロブランドオーナーのファーストリテイリングは0.88%下落した。

三菱電機は、家電メーカーが自己資本利益率目標を10%から9%に引き下げたため、6.33%下落した。

チップ検査装置メーカーのアドバンテストは2.35%上昇、ソフトバンクグループは3.21%上昇し、一夜にしてエヌビディア株は7%上昇した。 米半導体株指数は1.9%上昇した。

海運業は1.5%下落し、東京証券取引所の33業種サブ指数の中で最悪のパフォーマンスとなった。

日経平均で最も上昇率が高かったのは保険セクターで、2.36%上昇、5.45%上昇した。 ビールのD&Tホールディングスは3.85%上昇した。 (取材:藤田純子、編集:ムリガンク・ダニワラ)

READ  バーガーキング、日本で「トップ」バーガーを発表 - SoraNews24 -Japan News-