10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

台風ナンマドル:日本は数百万人を脅かす「非常に危険な」嵐に直面している

日本は年間で最も強力な台風に直面しており、推定 3,900 万人が「非常に危険な」風と大雨にさらされています。

台風ナンマドルは日曜日に上陸し、東に曲がり、南の島である九州に衝突し、火曜日までに東京を通過すると予想されています。

米海軍合同台風警報センターでは「スーパー台風」に分類され、気象庁(JMA)では「非常に強い」台風に分類されています。

Accuweather によると、土曜日の嵐の強さは、最大持続風速 130 ~ 156mph または 209 ~ 251km/h のカテゴリー 4 のハリケーンと同等でした。

気象庁は、サイクロンが日曜日に0.5メートルの雨と「前例のない」嵐で国の一部を襲うと述べた.

鹿児島県と日本の南部の本島である九州の他の地域に、台風が高波と大雨をもたらすと予想されるため、土曜日の夜に「特別警報」が発令される可能性があります。

テレビで放映された記者会見で、気象庁の予測部門の責任者である黒良隆太氏は、人々に警戒するよう警告した.

「前例のない暴風雨、高潮、高潮、記録的な降雨のリスクがあります」と彼は言いました。

「最大限の警戒が必要です」と彼は付け加え、住民に早期に避難するよう求めました。 「これは非常に危険なハリケーンです。」

九州南部では日曜日に500mmの雨が降る見込みで、東海中部では300mmの雨が降る見込みです。

竜太さんは「風が強すぎると倒壊する家もある」と述べ、洪水や高潮、土砂崩れに注意を呼びかけた。

日本の気象庁からの衛星画像は、日本の離島である南の島の近くで形成されている台風 10 号を示しています。

(気象庁/AFP)

放送局は、嵐が近づくにつれて、日本の南の島である沖縄の強風と雨の映像を放送しました.

世界災害警報調整機構は、3,900 万人以上がカテゴリー 1 以上の暴風雨にさらされる可能性があると警告しました。

予測される最大持続風速に基づいて、「人道的影響が大きい」可能性があると述べた。

Nanmadol は、27.76 インチの中心圧力でヒットした場合、今シーズン 14 番目のストームであり、5 番目に強いストームになります。

サイクロンは強さを保ったままゆっくりと移動するため、長期にわたる被害が予想されます。 水曜日までに海に戻る予定です。

今月初め、日本は台風Hinnamnarに襲われ、電気と携帯電話回線をノックアウトし、西日本の大部分で輸送サービスを混乱させました.

READ  日本ワールドカップ 2022 チームリスト、対戦カード、最新オッズ