8月 16, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

台湾女子が東アジアサッカー選手権で日本を4-1で下した

台北、7月23日(CNA)台湾の女子代表サッカーチームは、土曜日に日本との2022 EAFF E-1サッカー選手権の2回目の試合に敗れ、茨城県立カシマサッカースタジアムのホストに4-1で敗れました。

8分、ゴールエリア中央からのチームメイトの陳燕萍(陳燕萍)のヘディングシュートがディフェンダーのス・チンユン(蘇芯芸)を破り、台湾を1-0でリードした。

しかし、6分後、千葉玲海菜が6ヤードのボックスの右側からネットに向かい、クロスバーと左のポストを逸らして、日本は1-1でスコアを平準化した。

自信を持って成長した日本は、ミッドフィールダーの猶本光が6ヤードのボックスの右側を横切り、前方の宇野真美が左下隅に向かったハーフタイム直前にリードを奪った。

休憩後、日本はさらに2得点を挙げた。その中には、台湾のDF張愫心(張烜心)が57分にDFキコ・チェイクをかわしてネットに右足でシュートを放った。

日本の最後のゴールは、72分にフォワードの塚沢由香がゴールキーパーを離れ、ボックスの中央から右下隅に右足でシュートを放った。

試合後、台湾代表のイェン・シーカイ(顏士凱)監督は、チームの早い段階でのパフォーマンスに満足していると語ったが、4ゴールを認めることは「満足できることではない」と付け加えた。

「次の試合では、失点数を減らすことが目標なので、勝利が可能だ」と円氏は語った。

台湾は火曜日に鹿島サッカースタジアムで韓国と対戦する。

2022年版の女子EAFFE-1サッカー選手権が火曜日に開幕し、台湾、中国、日本、韓国のチームが7月18日から27日まで、茨城県立カシマサッカースタジアムと愛知県豊田市でシングルラウンドロビン形式で競い合いました。 。 アリーナ。

(ウィリアム・イェン)

最終品目/AW

READ  日本の漁村根室にとって、モスクワは生き残るための鍵を握っています