4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

台湾のチップメーカーTSMCが大規模な世界展開の一環として日本に初の工場を開設

台湾のチップメーカーTSMCが大規模な世界展開の一環として日本に初の工場を開設

半導体企業台湾積体電路製造有限公司は、進行中の世界展開の一環として、土曜日の公式式典で日本初の半導体工場を開設した。

TSMCのマーク・リュー社長は「あらゆる段階での揺るぎない支援に非常に感謝している」と述べ、日本政府、地元社会、電機大手ソニーや自動車部品メーカーデンソーなどのビジネスパートナーに感謝した。 同社の創設者モリス・チャン氏も出席した。

これは、日本がチップ製造業界での足場を取り戻そうとしている中で起こった。

日本アドバンスト・セミコンダクター・マニュファクチャリング(JASM)は今年後半に稼働する予定だ。 TSMCは今月初め、日本に第2工場を建設する計画を発表しており、生産は約3年以内に開始される予定だ。 両工場への民間投資は200億ドル。 どちらの工場も日本の南西部の熊本地方にあります。

岸田文雄首相は祝賀ビデオメッセージを送り、同工場の開所を「大きな第一歩」と呼んだ。 同氏は日本の台湾との友好関係と先進的な半導体技術の重要性を強調した。

日本は以前、TSMCに4,760億円(30億ドル)の政府資金を提供し、半導体会社への投資を奨励した。 岸田氏は第2次政策を確保し、日本の支援を1兆円(70億ドル)以上に増額した。

DSMCは米国で第2工場を建設中で、欧州で初のプロジェクトを発表しているが、日本も魅力的な選択肢となる可能性がある。

地理的に台湾に近い日本は米国の重要な同盟国である。 隣国の中国はこの自治島を自国の領土だと主張し、中国政府の管理下に置かれるべきだと主張している。 長年にわたる亀裂が米中関係の行き詰まりとなっている

この動きは、最近チップ産業を復活させるために約5兆円(330億ドル)を確保した日本にとっても重要である。

40年前、日本はチップの覇権を握っており、東芝とNECが世界の生産の半分を支配していた。 韓国、米国、欧州のメーカーやDSMCとの競争により、最近では10%を下回っている。

新型コロナウイルスのパンデミックは電子チップの供給に悪影響を及ぼし、自動車メーカーを含む工場が操業を停止し、日本はチップをほぼ輸入に頼っている。 このため、日本は自給自足するためにチップ製造に目を向けざるを得なくなった。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(ソニー株式会社が全額出資)は、デンゾー株式会社とトップ自動車メーカーであるトヨタ自動車株式会社がDSMCの日本工場に投資しており、台湾企業はJASMの株式の86.5%を保持している。

DSMCによると、両工場が稼働すれば、3,400人のハイテク関連雇用が直接創出される見込みだという。

電気自動車と人工知能の台頭により、最先端のチップを豊富に供給できるようにすることが極めて重要です。 一部のアナリストは、チップ製造に使用される機械を製造する東京エレクトロンに見られるように、日本は依然として業界の重要な側面でリードしていると指摘している。

しかし、日本政府が巻き返しを図るつもりであることは明らかだ。 東京は、米国のウエスタンデジタルやマイクロンのほか、日本企業のルネサスエレクトロニクス、キヤノン、住友など、全国のさまざまな半導体プロジェクトを支援している。

___

影山優里はXに登場:https://twitter.com/yurikageyama

READ  2年間の損失の後、日本の航空会社はANAOutlookがついに改善したと言います