7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

古典的な天文学者は木星に別の大きな赤い斑点を観察しました

古典的な天文学者は木星に別の大きな赤い斑点を観察しました

1665 年、天文学者のジョバンニ ドメニコ カッシーニは、木星に吹き付ける巨大な嵐を観測しました。 それらは大赤斑として知られるようになり、地球のおよそ 2 倍の幅を持つ、渦巻く楕円形の雲です。 しかし、新しい研究は、カッシーニによって観測された赤い色の特徴は、今日私たちが見ている嵐と同じではないことを示唆しています。

科学者チームは、17 世紀以来の木星の歴史的観測を利用して、木星が 大きな赤い斑点 渦巻く風が300年続くのに対し、それはおそらく190年しか続かないでしょう。 で に発表されました 地球物理学研究レター研究者らは、カッシーニが観測した渦巻く嵐は現在は消滅したが、数年後にその場所に新たな嵐が出現したと考えている。

木星の暗く赤みがかった楕円形を発見した後、カッシーニと他の天文学者は 1713 年まで嵐の監視を続けました。その後、嵐は 1 世紀以上観測されませんでした。 天文学者たちが同じ緯度で同様の楕円を観察したのは 1831 年になってからでした。 それ以来、科学者たちはそれが同じ嵐なのか、それとも別の嵐なのかを議論してきた。

新しい研究を支援した研究者らによると、「永久スポット」と呼ばれるこのスポットは、18世紀半ばから19世紀の間に消滅した可能性が高いという。 一方、木星の大赤斑の歴史は少なくとも190年前に遡る可能性があります。

また、大赤斑は以前のものよりもはるかに大きく、200 マイル (350 キロメートル) 以上伸びています。 最初に観測されたとき、大赤斑は 24,200 マイル (39,000 km) 以上広がっていましたが、その後縮小し始めています。 現在、嵐の範囲は 8,700 マイル (14,000 キロメートル) に及び、形状はより丸みを帯びています。 研究によると、恒久斑点のこれまでの観測では、嵐の規模が大赤斑と比較して3倍になっていたであろうことが示されている。

17世紀の赤斑のカッシーニの絵
写真: J.D. カッシーニ/エリック・ソーゼンバッハ/AGU

赤斑は太陽系で知られている嵐の中で最大のもので、木星そのものの直径の約6分の1です。 地球上のハリケーンとは異なり、大赤斑は反時計回りに回転しており、高気圧であることを示しています。 嵐が何年も続いている理由は、木星のガス状の性質に関係している可能性があります。 地球上の嵐は地球に到達すると消える傾向がありますが、木星は固体の表面ではなく液体の層で構成されています。

木星の雲が下層大気の大赤斑の鮮明な視界を妨げるため、この巨大な嵐を理解するのは簡単ではありません。 新しい研究は、赤い斑点がいくつかの小さな渦が合体した巨大な嵐によって形成された可能性があることを示唆している。 木星の猛烈な嵐についてはまだ学ぶべきことがたくさんあるが、科学者たちは木星系の秘密についての手がかりを集めるために歴史的観測に目を向けることができる。

「偉大な天文学者ジャン=ドミニク・カッシーニによる木星とその常設スポットの観察と図、そしてこの現象を説明した17世紀後半の彼の記事に戻るのは、非常に刺激的でインスピレーションを与えてくれました」とアグスティン・サンチェスは語った。スペイン、ビルバオのバスク大学の惑星科学者であり、この新しい論文の筆頭著者であるラ・ベガ氏は声明で述べた。 「私たち以前の人たちはこれらの観察結果を調査しており、今回私たちはその結果を測定しました。」

もっと: 天文学者が木星の謎のトロヤ群小惑星から影を追う

READ  NASAの画像は、火星の冬の不気味な美しさを示しています