7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

南アフリカのアフリカ民族会議、統一政府樹立に近づいている

南アフリカのアフリカ民族会議、統一政府樹立に近づいている

南アフリカの与党アフリカ民族会議は、最近の選挙で絶対多数派を失ったことを受けて、挙国一致政府樹立に向けた取り組みが進展したと述べた。

しかし、党のフィキル・ムバルラ事務総長は、党はまだ協定の詳細を発表する準備ができていないと述べた。

ANCは5月29日の選挙で得票率40%となり、30年ぶりに議会の過半数を失った。

これは、シリル・ラマポーザ大統領が権力を維持するには他政党の支持が必要であることを意味する。

新議会は金曜日に初めて会合を開き、大統領選出について投票が行われる予定だ。 ラマポーザ氏は議席を維持するとみられる。

ムバルラ氏は党幹部らとの会合後、記者団に対し「我々は今、政党と話し合っているところだ」と述べ、さらなる詳細は明らかにできないと付け加えた。

左派の分裂したANC政党が参加しないと言っているため、これは政治中道への移行になるだろうと同氏は述べた。

同氏は、親ビジネス派の民主同盟を含む各政党が挙国一致政府を樹立することで合意したと述べた。

ムバルラ氏は、ANCと民主同盟はどのように協力するかについて正確には合意していないと付け加えた。

「もし民主同盟が望むものを手に入れれば、それはANCが消滅することを意味する」と彼は付け加えた。

DAは得票率22%で選挙で2位となった。

シリル・ラマポーザ大統領は以前、主に少数民族からの支持を得ている民主同盟を「裏切り者」で「反動的」だと非難していた。

DAとのいかなる合意も、多くのANC活動家の間では不評だろう。

同党は自由市場経済の支持者であり、ANCの左派伝統に反しており、白人少数派の利益を代表することで知られている。

READ  AP通信が分析した衛星画像は、今週初めのガザ地区へのイスラエル軍の進軍の軸を示している。