4月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

午前中のオークション:中国と日本からの重要なマクロシグナル

午前中のオークション:中国と日本からの重要なマクロシグナル

5月15日(ロイター) – ジェイミー・マッキーバー氏が今後のアジア市場を展望する。

投資家が米国と世界のマクロ見通しについてますます神経質になっている中、中国と日本からの主要な経済指標とフィリピン中央銀行の金利決定が、今週のアジア市場の主要な地域的要因となる可能性が高い。

米国の債務上限や信用状況、FRBの500ベーシスポイント引き上げによる全体的な影響に対する懸念が、驚くほど堅調な米国収益に影を落としたため、先週の世界株は不安定で終了した。

これらは、土曜日に閉幕した3日間にわたるG7財政リーダー会合で議論された問題の一部だった。

MSCIワールド指数は0.5%下落し、大したことではなかったが、2週連続の下落となり、2カ月前の米国銀行危機発生以来最大の下落となった。

しかし、日本を除くアジア株は3月初旬以来となる2週間連続の上昇に転じた。

米国のハイテク株が急騰しているとすれば、ナスダックは3週連続で上昇し、今年のウォール街の上昇はもっぱらAI中心株のSocGenによるものだが、アジアのハイテク株は流砂にはまっている。

ハンセンテクニカル指数は先週6週連続で下落し、中国株式市場地震の最初の揺れが感じられ、中国政府による人民元切り下げの数週間前に感じられた2015年半ば以来最長の連敗となった。

最近の中国の経済指標は衝撃的だ。 4月はインフレと輸入が低下し、ロックダウン後の経済回復の力強さに深刻な疑問が生じ、さらなる政策緩和への期待が高まった。

今週は4月の鉱工業生産、小売売上高、固定資産投資のデータが発表され、より全体像が明らかになる。 水準を下回る数字が増えれば、中国株への売り圧力が高まる可能性がある。上海総合指数は3月以来最悪の週となった一方、優良株指数は5週連続で下落し、週間の下落率としては2カ月ぶりの大きさとなった。

日本の第1四半期GDP統計は水曜日に発表され、さらに重要なことに、最新のインフレ統計は金曜日に発表される。

コアインフレ率は日銀が望むよりもはるかに高く、4月には3.4%に戻ると予想されている。 上田和夫新日銀総裁は超緩和政策の撤回はゆっくりと行うと主張しているが、一部のアナリストは日銀が今夏イールドカーブコントロールを放棄すると予想している。

タイの投資家は選挙結果が勢力均衡をどのように変えるかに注目しており、フィリピン中央銀行が金利を6.25%に据え置くと予想される月曜日と同じ日に第1四半期の国内総生産(GDP)統計が発表される予定だ。

月曜日の市場にさらなる方向性を与える可能性のある3つの主要な動向は次のとおりです。

– タイのGDP(第1四半期)

– インドのWPIインフレ(4月)

– 日本の企業物価上昇率(4月)

ジェイミー・マクギーバー著。 編集:リサ・シューマッハ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

表明された見解は著者の見解です。 これらは、信頼の原則に基づいて誠実さ、独立性、偏見からの自由に取り組むロイター ニュースの見解を反映したものではありません。

READ  日本はカタールワールドカップでクロアチアに敗れた後、ベスト8に進むことができませんでした