9月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北日本では鮭養殖場間の競争が激化

鮭の繁殖はアモリ県とイワド県で急速に広がっており、封建時代の「地域戦争」と比較して、ブランド間の激しい競争が時々見られます。

日本の消費者は、机の上で鮭を見つけるために、主に北ヨーロッパとチリからの輸入に頼らなければなりませんでした。

盛り上がった鮭は、マグロよりも回転寿司店で人気があると言われています。

大企業の大規模なアグリビジネスとは異なり、これらの地域での鮭養殖は主に地元の漁師や地方自治体によって主導されています。

新たなブランド名には、イヴァド県の紅白鮭、青森クレン鮭、青森県の海峡鮭があります。

十和田市の青森優先工業技術研究センター(AITC)の内陸水研究部が淡水環境で開発した、低脂肪、味わいが強く、ほんのり甘い青森カラン鮭。

AITCは約16年前から「あもり産のユニークな鮭」を開発してきました。

新しいバリアントを作成するために、25の可能な繁殖の組み合わせがありました。

ニジマスやニジマスの子孫は美味しくないので、AITCはアモリで100年以上飼育されているニジマスと、大型のドナルドソンニジマスを母と父として使うことにしました。

天守の郷土料理であるにんにくは、最初は食べていましたが、とても強い香りがしました。 代わりに、リンゴが食事に加えられ、魚にほのかな甘さでより深くマイルドな風味を与えました。

青森カランは2020年鮭に導入され、5トン売れました。 2021年には、輸出は12トンに達しました。

青森カレーはサーモン市場で絶えず不足しているため、需要が高い商品です。

日本の消費者は鮭に精通しているかもしれませんが、マスの種は同じ家族の同じ属に含まれています。

日本には、和、ギンザケ、カラフトマス、ニジマスなど、6〜7種が生息しています。

天然の鮭は、寄生虫のリスクがあるため、一般的に生で食べられません。 そして、ほとんどの場合、農場のギンザケは調理されて提供されます。

しかし、ニジマスとサクラマスは生の消費のために栽培されています。

養殖サーモンの輸出は、25年前の世界の天然の漁獲量よりも多かった。

毎年日本市場に参入する30万トンの鮭の約70%は養魚場から来ています。

1970年代の日本では、宮城県ではギンザケの養殖が一般的でした。 その後、魚は通常調理され、提供されました。

アモリ県に本拠を置く日本のサーモンファーム株式会社は、生の食用サーモンの需要を増やすことを期待して、弾力性のある肉質のニジマスを最初に導入しました。

日本の鮭養殖市場は、アモリ鮭という名前でニジマスの大量生産に成功しています。

最近、地元の漁師や地方自治体が経営する小規模な養殖会社が事業に参入し、アモリ県の鮭養殖業にさらなる刺激を与えています。

鮭の養殖を増やすために、スカル海峡に面したアモリ県むつ大大町地区の漁師が1989年から「漁獲から養殖」への切り替えを開始した。 悪いイカの発作に悩まされている人々は、新しい収入源を得るためにチームを結成しました。

甲斐鮭のスライスなどの加工材料は、12月10日にアモリ県武津の大田町地区で発見されました。 (安田拓典)

ドナルドソン種とスティールヘッドニジマス種のニジマスは、現在、ウミエラで約6か月間飼育されています。

そこにある薄い波は、魚に弾力性のある肉と高品質のおいしい脂肪を生み出すと信じられています。

ペンはハリケーンとステラアシカの攻撃によって破壊されました。 水温の変動も養殖魚を殺しました。

挫折にもかかわらず、鮭の生産量は100トンに達し、消費者へのオンライン販売が始まりました。

カイキオサーモンというテレビ番組で取り上げられた後、2020年までに1億1600万円(100万ドル)に達した。

20220228-サーモン-3-L
2016年4月、漁師が阿森武津で海峡鮭がどのように育ったかを調べます。 (写真:朝日親藩ファイル)

新鮮な海峡サーモンは4月から7月までしか販売されていませんが、真空パックパイ、刺身、「さすく」ご飯などの魚をベースにした加工品も販売しています。

アイオワ県の沿岸部では、天然の鮭の漁獲量が減少したため、大規模な鮭養殖が始まりました。 2020年には、1996年のレベルのわずか2パーセントでした。

宮城県とは異なり、ギンザケは水温が低いため、岩戸県で8月まで栽培・出荷が可能です。 イワットの農業はこの強みを利用しています。

岩手県のギンザケは現在、ブランド名で取引されています。

ギンザケを生産するグジでは、2019年から市町村の漁業協会が「グジ成長ギンザケ」の繁殖を開始しました。

地元の特産品であるポリフェノールが豊富な食品は、日本のクリムゾングローリーの旗のリースを使用してテストおよび開発されています。

昨年11月には、カカオサーモンの輸出を今年の4倍以上に増やして600トンにすることを目的として、1つのペンで34万羽の稚魚が放流されました。

アイオワ県の他の場所では、宮郷と大槌の漁業協同組合が鮭養殖場の漁業権を制限しています。

魚介類メーカーの岩手大学と釜石市は、実験的なサクラマスの繁殖に基づいた漁業協会を設立しました。 山田や大船堂でも農業プロジェクトが検討されている。

一部の地元住民は、ライバル関係を「地域戦争」と表現しています。

青い森鉄道サーモンの開発には、AITC内陸水域研究部水産技術部長の前田豊が参加しました。

養殖サーモンの1つの側面は、農家が「育種方法を分割」して、他のブランドから自分たちの農産物を際立たせることができるということです。

「たとえば、農業では、脂肪の質はさまざまな水温で変化する可能性があります」とメダ氏は述べています。

ニッスイ食品ブランドで知られる日本水産グループの農業事業開発部長の駿岡宏氏は、鮭の養殖に長年携わってきたと語った。

「鮭の需要は比較的安定しており、寿司屋の間で人気のあるマグロの魚のベルトコンベアは1位です」とSuryoka氏は述べています。 「養殖業をさらに拡大する余地はまだあります。」

(この記事は、横山倉敏、安田拓典、シニアスタッフライターの東野正香、木備綾香が執筆したものです。)

READ  日本のコントローラーがみずほのコンピューターの脆弱性を修正するための措置を講じる