5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北京オリンピックに先立ち、ウイグル人の権利決議を可決する日本議会

日本の議会は、ウイグル人イスラム教徒に対する中国の残虐行為について懸念を表明し、北京冬季オリンピックの開始の数日前に問題を提起した国のリストに加わった。

決議案は火曜日に日本議会で可決される可能性が高いが、人権侵害をウイグル人の「状況」と呼んで、以前の草案からは水を引いた。 ブルームバーグはまた、タイトルから「非難」という言葉を削除し、中国に直接言及することを控えたと報じた。

それは、日本が米国の主要な同盟国であると同時に、この地域で最大の貿易相手国である中国を支配しないというバランスの取れた行動を慎重に果たしている時期に来ています。

日本の議員たちはこの動きを歓迎し、人権に関する将来の行動への道を開くと述べた。

これを重要な第一歩と呼び、決議を推進している議会人権団体の共同議長でもある舟山康江議員は、次のように述べた。私たちはそれについて何をすべきかを見なければならないでしょう。」

日本は12月、米国主導のオリンピックの外交ボイコットに参加し、2月のイベントに政府代表団を派遣しないと述べた。

岸田文雄首相の政権は、閣僚をこの行事に派遣しないと述べたが、米国や他の西側諸国によるボイコットと同様に、日本のオリンピックとパラリンピックの当局者が出席する。

外交ボイコットを呼びかけた最初の人々の中で、米国は、中国が現在進行中のマイノリティへの迫害と呼んでいるものを引用した。

しかし、日本はその動きをそのような厳しい言葉で説明することを避けてきました。 その結果、中国は、「間違った動きに対して代償を払う」と述べた他の国々(英国、カナダ、オーストラリア)への警告とは対照的に、日本の外交ボイコットに対応しなかった。

ゲームが始まるまでわずか数日で、国際社会は人権をめぐる中国に対する行動への圧力を強めています。

北京開会式が始まる前に、新疆ウイグル自治区(XUAR)での人権侵害に関する待望の報告書の発表を要求する20カ国からの20人以上の議員が国連人権高等弁務官に手紙を書いた。

「世界の注目がゲームのために北京に向けられているので、中国政府が新疆ウイグル自治区で起こっている残虐行為を「スポーツウォッシュ」することを許可することはできません。 ドイツの欧州議会議員であり、中国の対中政策同盟の共同議長であるラインハルト・ブティコファーは、次のように述べています。

委員会がその報告書を発表し、新疆ウイグル自治区で本当に起こっていることを確立し始める時が来た、とBütikofer氏は言った。

READ  日本の三井とパートナーはメキシコのガス発電プロジェクトから撤退する必要があります