9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

前回のオリンピック5日目に東京の政府の毎日の事件は4,000を超えました

非常事態宣言では、オリンピックを主催する東京が日曜日の大会最終日に4,066件の新しいCovid-19症例を確認し、5日連続で4,000を超え続け、伝染性の高いデルタバリアント。

オリンピックシステムが7月23日に始まったとき、首都は毎日1,359件のコロナウイルスの症例を記録し、オリンピック中に流行が記録的な高さに達することを国民は恐れていました。 それ以来、症例は大幅に増加しています。

2021年8月5日、中部日本の市県にあるJR名古屋駅の前を仮面の人々が歩く。 (京都)

木曜日の東京の日報数は5,042に達し、土曜日には全国で4日連続で15,753件の新たな感染が記録されました。

首都はまた、同日の首都の7日間の移動平均政府-19件を1日あたり4,037件に引き上げ、初めて4,000件から前週から30%増加しました。

アウンサンスーチー首相はオリンピックと感染症の増加との関係を否定しているが、一部のスポーツ専門家は、ワールドゲームズのイベント中のお祝いのムードが政府-19に対する国民の抗議につながったと述べている。

日曜日には、8つの州で流行に対する抜本的な対策が新たな非常事態宣言の下で行われ、レストランの経営者に営業時間の短縮とアルコールの提供の停止を促しました。

福島県、茨城県、栃木県、国馬県、静岡県、市県、鹿県、熊本県の8県が京都と福岡の5県に加わった。

東京と他の5つの州は緊急法の下でより厳しい措置を課しました。

非常事態宣言では、ノンアルコールの飲食店は午後8時までに閉鎖する必要がありますが、感染数は減少傾向を示している可能性があり、知事の承認を得て午後7時まで抗ウイルス対策を講じている施設ではアルコールの提供が許可される場合があります。 。

しかし、非常事態宣言やフルレングスの状況下で課せられる措置は、多くの場合、協同組合の大衆に依存しており、一部の国ほど深刻なロックを引き起こさず、ウイルスのさらなる拡散を防ぐ効果について疑問を投げかけています。

日本全体で確認されたコロナウイルスの症例は金曜日に100万人に達し、最近の急増の中で毎日の症例が過去最高を書き換え続けており、医療システムが崩壊する恐れが強まっています。

金曜日に、日本の保健省は、ペルーで最初に検出された、ラムダ型コロナウイルスの国内初の症例を発表しました。

同省は、7月20日に東京の羽田空港に到着してペルーに旅行した女性で変異が発見されたと述べた。

日本感染症研究所によると、Lampta変異体はより伝染性が高く、ワクチンに対する耐性が高い可能性があります。

READ  米ドル/円の売り手は、財務省の利回りが低い中、日本のGDPを110.00未満に抑えています。