5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

利下げ疑惑で株価下落、日本は円に警戒:市場は一巡

利下げ疑惑で株価下落、日本は円に警戒:市場は一巡

(ブルームバーグ) — 予想を上回る米国のインフレ統計を受けてアジア株はウォール街の下落に追随し、円は火曜日の下落を受けて日本からの警告を受けて上昇した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

韓国、日本、オーストラリアの株価は下落した。 対照的に、香港に上場されている中国株は、春節休暇後に取引が再開され、投資家が中国政府にさらに何ができるかに注目しているため、初期の下落を反転させた。 欧州株の契約は下落したが、米国株の契約はほとんど変わらなかった。

近日公開: 香港版にサインアップして、アジアの金融ハブを揺るがしたお金と人々に関する内部ガイドを入手してください。

日本の通貨当局トップの神田正人氏が最近の動きは迅速で、当局は必要に応じて行動を起こす用意があると警告したことを受け、円は0.3%上昇し1ドル=150.42円となった。 彼の見解はその後すぐに鈴木俊一財務大臣によって強化された。

大和証券のシニア為替ストラテジスト、石月幸男氏は「当局者の発言は今日のドル円の重しになるかもしれないが、ドル円の進路を変えるほどドラスチックではない」と述べた。 ドルの若干の下落と円の反発により、アジアにおける米国債利回りの停止と日本株の下落につながった。

トレーダーらが連邦準備理事会(FRB)の利下げに賭けたため、火曜日の米国債利回りは小幅​​上昇した。 米国のインフレ統計は、12月に始まった世界的な債券上昇の最後の残存物を一掃した。 日本の10年国債利回りは12月以来の高水準に上昇した。

中国が春節休暇で休業している中、米国に上場している中国企業のゴールデンドラゴン指数は火曜日に2.7%下落し、約1カ月ぶりの大幅な下落となった。 株式市場の「恐怖ゲージ」であるVIX指数は、11月以来初めて15を超えて終了した。

最近の物価圧力の低下が今年利下げへの期待を高めた後、米国の消費者物価指数(CPI)統計は投資家を失望させた。 この数字は、ジェローム・パウエルとFRB講演者の合唱が強調した様子見のアプローチに信憑性を与えるものである。

中央銀行の政策会合に言及する変更合意(直近では1月中旬の5月利下げと年末までの175ベーシスポイント緩和)はダイナミックだ。 今年の利下げ予想が90ベーシスポイント下回ることで、5月利下げの確率はインフレ統計前の64%から32%に低下した。

日本では、海外投資家の間でこの債券の環境的信用性について懐疑的な見方があったにもかかわらず、世界初のソブリン移行債はその目新しさから強い需要を集めた。

香港では無錫AppTec Co. およびWuXi Biologics (Cayman) Inc. 米議員らの超党派グループが制裁リストに追加される可能性がある企業に対する正式な調査を要請したため、株価は下落した。

石油輸出国機構(OPEC)とIEAが世界の原油市場についてまちまちの見通しを示した一方、米国の在庫報告はまちまちだったが、石油相場は堅調だった。 金は2カ月ぶりに1オンス=2000ドルを下回った後、狭いレンジ内で推移している一方、ビットコインは5万ドル付近で取引されている。

今週のハイライト:

  • ユーロ圏鉱工業生産、GDP、水曜日

  • BOEのアンドリュー・ベイリー知事は水曜日、貴族院経済委員会で証言した。

  • シカゴ連銀のオースティン・グールスビー総裁が水曜日に講演

  • FRB監督担当副議長マイケル・バー氏が水曜日に講演

  • 日本のGDP、鉱工業生産、木曜日

  • 米国帝国製造業、新規失業保険申請件数、鉱工業生産、小売売上高、企業在庫、木曜日

  • ECBのクリスティーヌ・ラガルド総裁が木曜日に講演

  • アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁が木曜日に講演

  • クリストファー・ウォーラーFRB理事が木曜日に講演

  • ECBチーフエコノミストのフィリップ・レーン氏が木曜日に講演

  • 米国住宅着工件数、PPI、ミシガン大学消費者センチメント、金曜日

  • サンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁が金曜日に講演

  • FRB監督担当副議長マイケル・バー氏が金曜日に講演

  • ECB理事会メンバーのイザベル・シュナーベル氏が金曜日に講演

市場の主な動きは次のとおりです。

株式

  • S&P500先物は東京時間午後2時18分の時点でほとんど変化なし。

  • 日本のTOPIXは1%下落

  • オーストラリアのS&P/ASX 200は0.7%下落

  • 香港のハンセンは0.2%上昇

  • ユーロ株50先物は0.2%下落

  • ナスダック100先物はほとんど変わらず

コイン

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほとんど変化なし

  • ユーロは1.0713ドルとほぼ変わらず。

  • 日本円は0.2%上昇し1ドル=150.52円となった。

  • オフショア人民元は1ドル=7.2272元とほぼ変わらず。

  • 豪ドルは0.2%上昇し0.6464ドル。

暗号通貨

  • ビットコインは0.1%下落して49,496.83ドルとなった。

  • イーサは2,633.44ドルでほぼ変わらず

債券

  • 10年国債利回りは4.31%とほとんど変わらず。

  • 日本の10年債利回りは4ベーシスポイント上昇して0.760%となった。

  • オーストラリア10年債利回りは9ベーシスポイント上昇し4.26%となった。

材料

この記事は、Bloomberg Automation の協力を得て作成されました。

–Yumi Deso 氏と Rob Vertonk 氏の協力を得て。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ LP

READ  日本南西部の九州広島日本京都大雨は東京で洪水と地滑りを引き起こします