6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

初見:世界最長の「ホテル」が日本にオープン

初見:世界最長の「ホテル」が日本にオープン

日本は、繰り返し訪れたくなる場所です。大阪や東京のような都市の魅惑的な光景や文化を一度満喫したら、魅力的な地方の村々や国立公園が待っているからです。

これからの「ホテル」から JR東日本 都市を超えた探索がさらに簡単になりますが、おそらく期待どおりではありません。 実店舗の住所は 1 つではなく、キャビンは東京から西へ 37 キロメートルの範囲に点在しています。

ホテルの客室は東京から快速普通列車で 70 分以内です。

2025年に打ち上げられ、サドログJR 鉄道駅は東鉄道会社のオム線 (そのアクセスの良さからアドベンチャー ラインの愛称) 沿いにあり、フロント デスクとして機能し、美しく改装された「民家」カントリー ハウスがホテルの客室として機能します。

沿線に 25 の駅があり、その範囲と規模は野心的であり、日本の人口高齢化と若い住民の都市への移住によって長らく沈黙していた村に活気を吹き込むことは、多大な社会的利益をもたらすことは言うまでもない。

Tokiro RestaurantはSatolok Hotelの最初の味です。

Tokiro RestaurantはSatolok Hotelの最初の味です。

「私たちの願いは、訪問者に地元の魅力を伝え、持続可能な観光を提供するホテルを提供することです」と、東日本旅客鉄道株式会社として知られる JR 東日本は述べています。

日本の著名な建築家兼デザイナーの堀部泰氏がその才能を発揮したユニークなプロジェクトの第一弾が、鳩ノ津村の居心地の良いレストラン「戸木楼」とサウナ「吹水」です。

ときろうには、さまざまなブースや座席のほか、景色を満喫できるカウンター席もあります。

ときろうには、さまざまなブースや座席のほか、景色を満喫できるカウンター席もあります。

瀬戸内海の水上ホテル「クンドゥ」の設計で知られる堀部氏とそのチームは、空き家をシックな木造レストランに改装し、有能なシェフが地域にインスピレーションを得た鉄道料理や地酒、ビールを提供する。

「風、木、水」を意味する「吹水」は、元コンクリート倉庫を利用していますが、その洗練されたデザインには工業的な要素はありません。 サウナや露天風呂のほか、汗をかいた後の休憩やドリンクを楽しめるラウンジもございます。

コンクリート倉庫が薪サウナに生まれ変わりました。

コンクリート倉庫が薪サウナに生まれ変わりました。

戸木楼と吹水はオーム線五里駅から約15分、鳩ノ津駅から約20分です。 鳩ノ津では電動自転車をご利用いただけます。

レストラン「ドジロ」の料理サンプル。

レストラン「ドジロ」の料理サンプル。

東京発のチケット料金は片道 1,110 円 (約 AU$7.20)、往復 1,275 円 (AU$8.30) です。 あるいは、日光、富士五湖、伊豆エリアをカバーする JR 東日本東京ワイドパスを 15,000 円 (約 96.80 ドル) で購入することもできます。

サトロクホテルの開業日はまだ発表されていないが、最初の客室は鳩ノ津のレストラン近くにデビューする予定だ。

(それまでの間、鉄道での冒険をしてみませんか? 日本のギョーサの首都である宇都宮まで新幹線に乗ることを検討してください。)

READ  日本で一番お金持ち (2023 年 5 月 15 日)