5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

初の海上石油タンカー-日本海事防衛軍委員会大使

アジアのセキュリティ | 安全 | 東アジア

海上自衛隊は、石油精製所から現場への燃料の輸送を公用船に依存しています。 現在、2隻のうちの最初の1隻である独自の石油タンカーがあります。

2台の新しい4,900トンの石油タンカーのうちの最初のものは、2021年10月の打ち上げ時に発見されました。 船は2022年4月22日に進水しました。

クレジット:日本海上自衛隊

海上自衛隊(JMSDF)は、4,900トンの石油タンカー2隻の最初のサービスを開始し、JMSDFが所有する石油タンカーとしては初めてのことです。

4月22日、広島県クレ基地のサービスエリアガードに、全長105メートルのYOD-01号が追加されました。 それは16mのビーム、8.8mの深さ、そしてパネルフィラーを持っています。 14.最大約6,000トンの石油を運ぶことができます。

国防省(MoD)は、YOT-01とYOT-02の2隻の石油タンカーの建設に57億円(4460万ドル)を割り当てました。 愛媛県今治市に本拠を置く日本の造船会社である新来島橋浜造船所は、2019年度に両船の建造契約を締結しました。

2隻目のタンカーは2022年7月に海上自衛隊に引き渡される予定です。

海上自衛隊はすでに海上に給油船を持っていますが、石油タンカーを所有していません。 石油精製所から海上自衛隊のサイトに燃料を輸送し、サイト間で石油を輸送するために民間船に依存しています。

この記事は楽しかったですか? フルアクセスを購読するには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

海上自衛隊はこれらの船の仕事に関する情報をほとんど提供していませんが、東京の軍事専門家は、このサービスがこれらの補助石油精製所から主要な海上自衛隊施設、特に沖縄海軍基地への監視と監視を強化することを望んでいます。 日本の近くの中国の船。

緊急時には、これらの新しい船は、鹿児島から沖縄、台湾南西部に伸びる、特に日本の南成島南西部の最前線の基地に燃料を輸送するために使用される可能性があります。 チェーンには、争われている尖閣/テオユ諸島が含まれます。尖閣/テオユ諸島は、日本によって支配されていますが、中国と台湾によって主張されています。

READ  韓国の教育技術スタートアップRiiidが日本のモバイルアプリディストリビューターを買収